韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の設備投資5カ月連続減、景気後退が本格化

韓国の設備投資5カ月連続減、景気後退が本格化

設備投資が5カ月連続のマイナスとなっている。景気後退が本格化の様相を呈しているものだ。景気低迷の懸念から、韓国銀行は米国との金利が逆転するのにもかかわらず、金利を9カ月連続で凍結した。 統計庁は「7月中の設備投資は前月比で0.6%減少し、5カ月連続で下落した」と31日、発表した。設備投資が5カ月連続で減少するのは、アジア通貨危機(1997年9月から98年6月までの10カ月連続減少)以来だ。統計庁は「昨年大幅な設備投資をしていた半導体メーカーが、今年4月を境に設備増設を終えたため、全体的な投資指標が鈍化している」と説明した。

投資と共に実物指標の3大軸を成している生産と消費は0%台の低成長にとどまっている。先月の生産と消費は前月比0.5%の増加にとどまった。現在の実物景気動向を示す景気動向指数循環変動値は99.1で、昨年5月に100.7とピークに達して以降、1年以上にわたり下降を続けている。

韓国銀行は同日、基準金利(年1.5%)をまた凍結した。昨年11月、6年5カ月ぶりに基準金利を0.25ポイント上げたが、その後は9カ月連続で足踏みしている。米国が予定通り年内に金利をさらに2回上げれば、韓米間の金利格差が1ポイントまで広がり、資本流出の可能性が高まる。韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は「7月の就業者の増加幅が5000人にとどまり、雇用状況がかなり不振となっている。これまでの実績が予想を下回り、今年の就業者数の増加規模は(当初提示した)18万人を下回るものと見られる」と述べた。
http://www.chosunonline.com/


設備投資とは、建物とか機械設備などの有形固定資産に資金を投資することをいう。企業の生産力は企業の保有する設備能力,労働力,技術力によって規制されるが、そのなかでも設備能力の占める役割は決定的である。現在日本が国民総生産 GNPの高さを世界に誇りえているのは継続的な設備投資の結果であるといっても過言ではない。

企業が行う工場や事務所等の建物建設、機械・器具の購入、ソフトウエア開発などに資金を投入する。その目的は生産設備の新設、生産能力の増強、陳腐化した設備の更新・補強、合理化、省エネ・省力化、情報化などである。企業は設備を用い財・サービスを生産することから、企業の成長には不可欠だ。企業の景況感も敏感に反映する。日本の設備投資は国内総生産の13〜15%程度を占め、個人消費とともに景気の重要な経済指標の1つである。

設備投資は大きく2つに分類できる。自動車工場の例でいえば、製造するための工場や工作機械を有形固定資産と呼びます。工場という建物や工作機械という道具といったように、目に見えるモノに投資するタイプの設備投資となる。一方、新型自動車を開発するための開発費用のように目に見えないものへの設備投資もある。これを無形固定資産と呼ぶ。無形固定資産は範囲が広く、経営や開発に必要なパソコンソフトや特許権、商標権など、工場や機械と違って目に見えないものへの投資となる。

従って単に投資と言っても、どんな投資が増加しないのかで内容が違ってくる。韓国の製造が半導体に特化したならば、設備投資の入れ替わりが激しい産業だけに、有形無形に問わず、設備は必要となる。もっとも在庫を作りすぎても、設備投資は鈍化する。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月01日 19:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
そろそろピークアウト
韓国の産業統計は海外生産含みだから、海外工場を含めて
設備投資が減少しているということ。もちろん、国内投資も
減少だから雇用は悪化する。
経常収支はまだ黒字だが、そろそろピークアウトだろう。
それでも旅行支出はまだ拡大中。
で、政府はGDP見通しを下方修正。
[ 2018/09/01 23:53 ] [ 編集 ]
半導体景気が過熱している今の時期に半導体の設備投資を減少させるのは判断としては間違っていないのでは。
サムスンは半導体がどん底の時期に逆張り設備投資をしてボロ儲けというパターンが多いので。
[ 2018/09/02 02:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp