韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  航空機エンジン大手も信頼、「足利の奇跡」を生んだ一点突破の技術力

航空機エンジン大手も信頼、「足利の奇跡」を生んだ一点突破の技術力

栃木県足利市にあるAeroEdge(エアロエッジ)は、フランスの航空機エンジン製造大手である、サフランエアクラフトエンジンズと契約を果たし、次世代航空機エンジン用の低圧タービンブレードを生産している。2015年設立の歴史の浅い地方の中小企業に、世界的企業が信頼を寄せる理由はどこにあるのか-。受注の経緯、今後の展望を森西淳社長に聞いた。

-現在生産しているのは、次世代航空機エンジン「LEAP」用のタービンブレードとか。「LEAP」は欧エアバスの中型機「A320neo」や米ボーイング「737MAX」などに搭載されているそうですね。
「世界的に人気の高い機体に搭載されるエンジン部品は高い需要が見込まれるだけに、ビジネスチャンスに恵まれています」

-日本の中小企業として初めて、海外の航空機エンジン製造大手との直接取引に成功した姿は「足利の奇跡」などと称されているようです。取引の経緯を教えてください。
「航空機エンジンの部品加工にはチタンアルミや耐熱材合金といった難削材の加工技術が求められます。親会社の菊池歯車(栃木県足利市)は、自動車関連部品の製造を通じてこれら加工技術の蓄積がありました。菊地歯車時代の2005年には国内重工メーカーからジェットエンジンパーツの仕事を受注し、チタンアルミ加工の経験を積んできました」


-世界的な大企業から白羽の矢が立ったのはなぜだったのでしょう。
「2006年から構想を温め、2009年以降はパリからエアショーに毎年出展し、チタンアルミ加工の実績や技術力などをアピールしてきました。これらが実り、サフランクラフトエンジンズとの交渉が始まりました。2012年には現在主流のエンジン「CFM56」の後継機となるLEAPの試作で欧米5社と競い合ったのですが、試作品の完成までこぎ着けたのは当社だけでした」

「これまでエンジン部品には、ニッケルという耐熱合金が使用されてきましたが、重量が約半分のチタンアルミという新素材が出てきました。これを安定して加工し、製品にできるのは世界でも数社しかないのです。試行錯誤を繰り返すなか、製品要求を満たした加工に成功し、13年末に契約に辿り着きました。経験を積んで習熟度を上げたからこその結果だと思っています」
http://news.livedoor.com/

AeroEdgeは、昨年の2016年1月1日に事業を開始した。現行の主力事業はフランスのSAFRAN AIRCRAFT ENGINES社(旧SNECMA社)との直接契約に基づく、次世代ジェットエンジン「LEAP」向のチタンアルミ製タービンブレードの量産である。 本格的な量産を始めたのは、栃木県足利市に本社工場が完成し数ヶ月を経た2016年8月からとなる。 グローバル航空製造事業への参入を考えたのは、2016年よりもずっと前のことだという。2000年初頭から、当時主力顧客としていた自動車・建機産業各社のサプライチェーンの再編や世界的な景況の先行き不透明さを鑑み、これまで培った技術力を活かし、より付加価値のある産業領域への模索を始めたとの事。そも結果、産業規模・成長性・付加価値の高さ・挑戦に値するハードルの高さなど総合的に勘案し、グローバル航空製造事業がもっともふさわしいと結論付けたという。

チタンアルミニウムをはじめとする難削材料の加工工程ノウハウを持つ。チタンアルミのみならず複合材料など今後航空分野で広く使われる新素材はいずれも加工が難しいものばかり。これら難削材料を加工するための工程確立から量産まで見据えたラーニングカーブの描画まで、中長期的な視点で顧客の生産要求に確実に対応するための知見を主力事業の運営を通し蓄積した。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月03日 09:03 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp