韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国完成車メーカー5社の8月販売 減税効果で国内が好調

韓国完成車メーカー5社の8月販売 減税効果で国内が好調

現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社の8月の販売台数が国内で好調だったことが影響し、海外販売を合わせた全体でも小幅増加したことが3日、分かった。 各社の資料などによると、5社の8月の世界販売台数は前年同月比1.0%増の65万5274台だった。

メーカー別では現代が38万4443台で同9.2%増加したが、起亜(22万3648台)は同0.2%減、双竜(1万1349台)は同3.2%減、韓国GM(2万3101台)は同44.1%減、ルノーサムスン(1万2千733台)は同34.6%減となった。 5社の国内販売は減税の影響で前年同月比4.5%増となる12万6336台を記録した。 現代は同7.4%増の5万8千582台、起亜は同7.7%増の4万4200台だった。双竜は9055台で同9.7%増、ルノーサムスンは7108台で同1.5%増加した。ルノーサムスンの国内販売が前年同月比で増加したのは13カ月ぶり。一方、韓国GMは7391台で同26.1%減少した。

5社の海外販売は部分ストや夏季休暇による生産量減少などにより現代を除き、減少した。 現代の海外販売は32万5861台で、前年同月比9.5%増加した。起亜(17万9448台)は同2.0%減、韓国GM(1万5710台)は同49.8%減、双竜(2294台)は同33.9%減、ルノーサムスン(5625台)は同54.9%減少した。
http://www.chosunonline.com/


日本トヨタ自動車の2019年第1四半期(4-6月期)の連結決算で、営業利益は昨年同期に比べて19%近くアップした。同期間、韓国現代自動車の営業利益(4-6月期)は30%近く急減してトヨタとは対照的だ。トヨタの4-6月期の売上は7兆3627億円で前年同期比4.5%の伸びとなった。営業利益は18.9%増となる6827億円を記録した。当初、6300億円台に達するだろうという市場の予想値をはるかに上回った。トヨタは今年、グローバル販売展望値を1050万台としている。

中央日報は、現代車はこれとは異なる状況とし、4-6月期の売上は24兆7118億ウォン(約2兆4480億円)、営業利益と純利益はそれぞれ9508億ウォン、8107億ウォン。4-6月期のグローバル自動車販売台量は119万2141台で、最悪の実績だった昨年同期に比べて10.6%増えて売上も1.7%伸びた途方いている。しかし、営業利益と当期純利益はそれぞれ29.3%、11.3%急減した。営業利益は昨年10-12月期以降、3四半期連続で1兆ウォンを下回った。上半期(1~6月)で見れば営業利益と当期純利益が1兆6321億ウォン、1兆5424億ウォンで前年同期比それぞれ37.1%、33.5%減った。

現代車は米国市場の長年の販売不振によって減らない在庫の影響が響いた。昨年の過剰生産および販売不振で在庫が一時4カ月分にもなっている。これは中国工場にも同じことが言える。海外で安売りでも伸びないわけで、せめて国内で安売りしないと、在庫はたまる一方である。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月04日 08:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp