韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子と現代自の売上高合計 韓国GDPの20%

サムスン電子と現代自の売上高合計 韓国GDPの20%

韓国の大企業10社の売上高は韓国の国内総生産(GDP)の半分近くで、特に韓国を代表するブランドであるサムスン電子と現代自動車の2社でGDPの20%に上ることが分かった。企業情報などを提供するウェブサイトのCEOスコアが5日、分析結果を発表した。

2017年に売上高上位10社の売上高合計は6778億ドル(約75兆5000億円)と、GDP比で44.3%に達した。日本の場合、上位10社の売上高合計はGDP比24.6%、米国は11.8%にとどまる。 CEOスコアはまた、韓国経済の大企業への偏りが大きくなっていると指摘した。15年に上位10社の売上高はGDPの41.5%だったが、17年には2.8ポイント上がった。一方、日本は15年の25.1%から小幅低下した。米国は15年と変わらなかった。

韓国の売上高上位10社をみると、サムスン電子の存在が大きい。昨年の売上高は2242億ドルで、GDP比14.6%と集計された。この比率も日米の売上高トップ企業より高い。 次いで、現代自動車が売上高902億ドルでGDP比5.9%だった。以下、LG電子(GDP比3.8%)、ポスコ(3.7%)、韓国電力公社(3.7%)、起亜自動車(3.3%)、ハンファ(3.1%)、現代モービス(2.1%)、サムスンディスプレー(2.1%)、ハナ銀行(2.0%)と続いた。現代自動車グループから3社、サムスングループは2社が、上位10社に入った。
http://www.chosunonline.com/


韓国全産業の売り上げは、ざっくり400兆円を超えるわけで、サムスンが20兆円年間売り上げで、5%を占めるとしてきたわけです。2017年に売上高上位10社の売上高合計は6778億ドル(約75兆5000億円)と掲載しているので、全産業の売り上げが400兆円と見積もれば、上位10社の占める割合が18.9%という事になる。

韓国のGDPというと海外工場での生産分も含まれるので、大企業依存に見える。サムスンの昨年売り上げが2242億ドルですから、全産業売り上げの5.6%である。 5%よりは半導体好調分がプラスされた格好だ。現代自は、902億ドルであるから、全産業売り上げの2.2%となる。

日本の場合、全産業売り上げ比率で、トヨタで2%程度の値となる。韓国は海外依存度が高いわけで、GDP計算が韓国だけ違う事のほうが問題である。サムスン売り上げは多少上昇はしているが、全体で見れば大きな変化とは言い難い。全産業比率で、サムスン比率が大きく上昇すれば、ある産業の低迷状態となるわけで、どの産業が大低迷なのか分析する必要がある…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月06日 12:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp