韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  携帯大手の相次ぐ動画サービス拡充、5G時代への備え?

携帯大手の相次ぐ動画サービス拡充、5G時代への備え?

携帯電話大手が動画サービスを強化している。NTTドコモは5日、光回線を用いて約13万件の映像コンテンツを視聴できる新サービスを始めた。ソフトバンクは6日にアベマTVなどの動画サービスを使い放題にする新プランを開始。KDDIも動画配信大手ネットフリックスの動画などが楽しめる大容量データプランを始めた。携帯料金引き下げ圧力への対抗策として通勤・通学時に携帯端末で楽しめる動画サービスの拡充が続きそうだ。

ドコモの新サービス「ひかりTV forドコモ」は、ドコモ光などの光回線を利用し79の専門チャンネルと地上・BSデジタル放送に加え、約13万件の映画やドラマ、音楽ライブなどが視聴できる。料金はドコモユーザーであれば2年割の契約で月2500円。スポーツ動画配信サービス「ダゾーンforドコモ」とのセット料金は同3280円になる。セットトップボックス「ドコモテレビターミナル」をテレビに接続して視聴する。USBハードディスクを接続すれば番組の録画が可能で、専用アプリケーション(応用ソフト)で自宅の別室、外出先からスマートフォンやタブレットで録画予約、視聴ができる。

動画サービスの強化を巡ってはKDDIが8月28日、ネットフリックスの「ベーシックプラン」とauの動画配信サービス、ビデオパスの「見放題プラン」がスマホの通信料金とセットで月5500円から利用できるセット料金プラン「auフラットプラン25ネットフリックスパック」始めた。通話と月25ギガバイト(ギガは10億)のデータ通信ができる。


ソフトバンクも月50ギガバイトまで使えるデータ容量に加え、「ユーチューブ」「TVer」「ギャオ!」「フールー」「フェイスブック」「LINE」「インスタグラム」など八つの動画サービス・会員制交流サイト(SNS)が使い放題となる新プラン「ウルトラギガモンスタープラス」を9月6日に始める。使い放題対象の動画サービス・SNSを今後拡充していく方針だ。 2020年の商用化が予定される第5世代通信(5G)は、現状の4GLTEの約100倍の高速通信が可能になる。4Kなど大容量の高精細映像も携帯端末で楽しめるようになることから、ドコモでは「今後も先進技術を活用し、顧客に新しいエンターテインメント体験を提供する」としている。
http://news.livedoor.com/

いまスマホで観ている動画などの画質をもっときめ細かくしたり、ダウンロードをもっと速くできるようにしたり、動画をあらゆる角度から観ることができるKDDIの3D自由視点テレビを楽しめるようにしたりなど、さらに使い勝手をよくして便利にするためには、通信速度を今の10倍以上に高める必要がある。 さらに、家電や車などのIoT(モノのインターネット)のように、これまで無線ネットワークにつながっていなかった様々なものが、ネットワークにつながるようになるので、一度につなぐことができる通信機器の数を大幅に増やす必要がある。 つながる機器の数が増え、種類も増加することでサービスが多様化する。そうなると、用途によっては4Gでは実現できないほど通信のタイムラグを減らす必要が出てくるなど、ネットワークの新しい性能が求められるようになる。

5Gの通信ネットワークによって高精細映像の伝送はもとより、医療、自動運転や映像監視システムなど、人々の生活をより安心・安全に確保できることは難くない。そういう意味では、新しいアイデアの出現に期待したい。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月06日 15:45 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp