韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米中貿易戦争の激化に備えて円買いウォン売りを

米中貿易戦争の激化に備えて円買いウォン売りを

米ゴールドマンサックスが米中貿易戦争の激化に備えて日本円を買って韓国ウォンを売るべきだと勧告した。ゴールドマンサックス為替戦略チーム(F/X)は6日(現地時間)、投資家にメモを送り、トランプ大統領が2000億ドル相当の中国製品に関税をかける場合、複数の経路を通じてグローバル為替市場に影響を及ぼすと分析した。

ゴールドマンサックスは▼中国の成長に対する期待低下▼グローバル市場のリスク回避▼米ドルに対する中国人民元安--の3つの指標で今後影響を及ぼす世界通貨を分析した。その結果によると、韓国ウォンは3つの指標すべての影響を受けると分析された。 一方、日本円は世界経済が危機を迎える中で安全資産と見なされるため、グローバル市場のリスク回避、人民元安などにも大きな影響を受けないという分析だ。

ゴールドマンサックスは米中貿易戦争の激化に対応するため次の為替戦略をとるよう助言した。
(1)日本円に対する米ドルのポジションを減らす。
(2)韓国ウォンに対する米ドルのポジションを拡大する。
(3)アジア以外の新興国の高ベータ通貨、すなわち、チリやペルーの通貨に注意する。
https://japanese.joins.com/


海外投資家は経済の先読みであるから、昨年からウォンを売り始めているわけで、現在1ドル 1128ウォンと、ついにウォン安へ動き出している。今年に入り、数回この状態を繰り返しているわけで、この状態でウォン売れば、一気に下落すれば通貨危機となる。今は非常に注意が必要な時期。周期的にも通貨危機時の周期に当たる。自国経済の低迷と合わせ、経済上昇する題材は何もない。さらには高齢化の加速で、莫大な税金が必要なる。財源確保の中で、自国予算化は莫大だ。とても負債大国の数値とは思えない。

市場に出回っているウォン量を分析し、投資家の持ち合わせているウォン量を勘案すれば、どうするべきかはわかるのではないか…。今一番危険なのはウォン安である。韓国の外貨準備高に流動性の高いドルは予想以上に少ないと考えればなおさらだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月08日 08:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp