韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  持分3%のエリオットがまたも現代自を攻撃、重要系列会社の合併を要求

持分3%のエリオットがまたも現代自を攻撃、重要系列会社の合併を要求

現代(ヒョンデ)自動車グループの支配構造の再編作業を揺さぶっている米国のヘッジファンド「エリオット」が追加攻撃に出た。7日、ブルームバーグ通信と現代自動車によると、エリオットは先月14日、現代自に株主の価値を高め、グループの支配構造を変えるために重要な系列会社を合併すべきだという内容の書簡を送った。

現代モービスの事業部門を二つに分けて、アフターサービス(AS)事業は現代自動車と、モジュールおよび主要部品事業は現代グロービスとそれぞれ合併すべきだというのが主な内容だ。この要求案が実現すれば、現代モービスと現代グロービスの合併法人が、現代自グループ支配構造の頂点に立つことになる。これと共にエリオットは、株主配当の拡大と現代自動車および関連会社の取締役会の多様性と独立性も強化すべきだと要求した。エリオットは先月13日基準で、現代自の持分を約3%を所有していると明らかにした。

しかし、現代自はエリオットの要求を現行法違反を理由に拒んだ。特定株主に対して企業の重要な事案を知らせることは資本市場法上禁止されている。業界では、エリオットの提案は仕事の集中発注規制を解消できないだけでなく、株主利益のバランスの面でも不適切だという指摘が出ている。エリオットは高い短期差益の獲得に興味があるだけで、現代自の真の企業価値向上には関心がないという。慣行上、外部に公開しない事業書簡を意図的にマスコミに流したのも、現代自を攻撃しようとする狙いだという分析だ。


エリオットの提案について現代自の関係者は、「現在力を入れているのは、市場拡大と競争力向上だ。支配構造の再編と関連して適切な時期に手続きに従ってすべての株主と段階的かつ透明に疎通していきたい」という公式立場を出した。現代自は今年3月、現代モービスのモジュール・AS部品事業を分割して現代グロービスと合併し、存続モービスは中核部品事業と投資の機能を残すことで、最上位の支配会社にしておく内容の支配構造再編案を発表した。しかし、合併比率を問題にしたエリオットなどの反対で失敗した。
http://japanese.donga.com/

世界で最も影響力の大きい行動主義ヘッジファンドのエリオット社が、現代自動車グループの支配構造改編過程に積極的に介入するという意志を示したのが今年4月だ。過去の事例を見ると、エリオットは支配構造が脆弱であり経営実績の良くない企業に投資して、積極的に経営に介入している。サムスン物産と第一毛織の合併過程など、支配構造の脆弱さを明らかにしたサムスングループに対しても、躊躇することなくエリオットがブレーキをかけるために乗り出し、エリオットは、2015~2016年の2年間で平均40.5%の収益率を得ている。

現代自動車グループはエリオットの要求に対し、「今後は企業価値を向上させ、投資家の利益を高める方向に継続して努力する」とし、「国内外の株主と忠実に疎通する計画だ」と原論的な答えを送っている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月08日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp