韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星電子、ニューヨークにもグローバルAIセンター開設

三星電子、ニューヨークにもグローバルAIセンター開設

三星(サムスン)電子は9日、米国のニューヨークにグローバル人工知能(AI)の研究センターを開設したと明らかにした。昨年11月に韓国にAI総括センターを設立して以来、6つ目のグローバルAI研究センターだ。

ニューヨークAI研究センターは、ロボット技術(ロボティクス)に関連したAI分野の研究に集中する計画だ。今年6月に迎え入れされたAIロボット分野の権威者ダニエル・リー副社長がセンター長を務める。同じ時期に迎え入れられた脳神経工学基盤AI分野の碩学であるセバスチャン・スン副社長も、最高研究者を務めてAI先行研究を導いていく計画だ。

7日(現地時間)に開かれた開所式で、三星電子の金炫奭(キム・ヒョンソク)消費者家電(CE)部門長(社長)は、「三星の製品やサービスにAI技術を適用して、人々がより便利で豊かな生活を経験できるように、新しい価値を作ることが重要だ」とし、「ニューヨークを含む6つのグローバルAIセンターがその中心的役割を果たすことを期待する」と語った。


これに先立って、三星電子は韓国AI総括センターを皮切りに米シリコンバレー、英国のケンブリッジ、カナダのトロント、ロシアのモスクワにそれぞれグローバルAI研究センターを設立した。2020年までに、これらのグローバル研究拠点を中心に、約1000人のAI先行研究人材を確保する計画だ。ニューヨークAI研究センターでは今後、プリンストン大学やコーネル大学など、米東部の名門大学を中心にAI人材確保に乗り出す方針だ。
http://japanese.donga.com/

今年5月、サムスン電子の研究部門であるSamsung Researchは、英国のケンブリッジ、カナダのトロント、ロシアのモスクワに人工知能(AI)の研究センターを開設すると発表している。韓国のソウル、米国のシリコンバレーに設けた2つの既存施設と合わせ、計5カ所のAIセンターで、2020年までに約1000人の高度なAI研究者を確保する計画とした。今回はその1つとなる。重要なのは計画と人材だ。単にセンターを開設しても、人材不足ではどうなることではない。これが無駄な投資となる。そうならないことを祈るが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月10日 08:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp