韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  朴鎭洙LG化学副会長「人材を探して世界に」

朴鎭洙LG化学副会長「人材を探して世界に」

LG化学は7日(現地時間)、米ロサンゼルスのインターコンチネンタルホテルで採用イベント「BC(Business & Campus)ツアー」を開いたと、9日明らかにした。

スタンフォード大学やデューク大学など、現地の主な30大学の学生と修士・博士30人余りが招待された今回の行事には、LG化学の朴鎭洙(パク・ジンス)副会長(写真)と柳振寧(ユ・ジンニョン)最高技術責任者(CTO)など最高経営陣が総出動した。特に朴副会長は就任後6年間一年も欠かさず、米国と日本、中国など海外現地採用行事を直接取り仕切っている。

朴副会長はこの席で、1953年に建設された当時のラッキー化学工業社の釜山(プサン)プラスチック工場に「従業員による、従業員のために、従業員の会社」というフレーズが入った写真を紹介しながら、「LG化学の力は、役員や従業員を最も大切な価値に思うここにある」と話した。

特に、自分が担当している最高経営責任者(CEO)の座を中国戦国時代に千里馬を見抜いた最高の馬鑑定家「伯樂」に例えながら、「千里馬が存分に走れる遊び場のように、LG化学は夢見ることを存分に実行して成長させる機会を提供したい」と強調した。
http://japanese.donga.com/


今から人材探しでは遅すぎるだろう。すでに人材はある程度揃えている時期でなければならないのでは…。 記事では、LG化学の力は、役員や従業員を最も大切な価値に思うここにあると伝えているが、企業内教育が大きく世界企業に劣る韓国である。LG化学とて例外ではない。企業改革は、外資系企業とはいえ、社員教育は不可欠。ヘッドハンティングにばかり頼る体質では、技術限界点の韓国企業は将来性に劣る。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月10日 08:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp