韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ソウル半導体、UV LED特許侵害で2社提訴

ソウル半導体、UV LED特許侵害で2社提訴

ソウル半導体は10日、米国の系列企業で紫外線発光ダイオード(UV LED)の専門メーカーであるセンサー・エレクトロニック・テクノロジー(SETi)がライバル企業のボルブ(Bolb)、クオンタムエッグ(Quantum Egg)を特許侵害で米カリフォルニア州北部連邦地裁に提訴したと発表した。

UV LEDは紫外線を放出する装置であり、既存の紫外線ランプに比べて効率が高く、寿命も長い。現在は浄水器、空気清浄機、エアコンなどの殺菌・浄化装置に使われている。 ソウル半導体によると、SETiは訴状で、ボルブとクオンタムエッグが販売するUV LED殺菌装置がSETiの特許6件を侵害していると主張した。SETiは2社が高効率UV LEDを生産する上で必要な重要技術を侵害したと判断している。

UV LEDは市場が急速に拡大し、企業間で競争が激化している。市場調査会社のLEDインサイドによると、2016年に1億6000万ドル(約178億円)だったUV LED市場は20年には5億2600万ドルに拡大すると見込まれる。SETi関係者は「韓国の技術をコピーし、UV LED製品を発売する企業が増えており、特許侵害に対する監視を強化する計画だ」と話した。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
紫外線LEDとは、400nm以下の波長の紫外線を発光する発光ダイオード(light emitting diode、LED)のこと。UV-LEDとも言う。基本的には青色LEDと構造の大きな違いはない。紫外線LEDの応答速度はマイクロ秒以下であり、紫外線ランプ(高圧水銀ランプやメタルハライドランプ)の数十秒~数分に比較して極めて早く、ON/OFFの繰り返しによる劣化もないため、必要時のみの点灯が可能である。寿命は、使用条件にもよるが1万時間~数万時間であり、紫外線ランプの数倍から10倍近くに及ぶ。

UV光を必要とするほとんどの用途において、従来型の水銀蒸気光源が用いられている。この光源は、ウォームアップ(始動)に時間がかかり、オゾンを発生しやすく、光の生成に有害な物質が用いられる。業界においてますます広くこの問題が認識される中、UVLEDはその完璧な代替であるように思われる。UV LEDは直ちに発光し、常時点灯させる必要がないためエネルギーの削減につながり、水銀などの有害物質を含まず、より柔軟な設計を可能とする。このすべての要因に基づき、UV LEDは現在の市場により適した光源となっている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月11日 09:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp