韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ポスコも間近…韓国産業界に労働組合設立が拡散

ポスコも間近…韓国産業界に労働組合設立が拡散

ポスコで新しい労働組合の設立が秒読み段階に入った。ポスコは1990年に組合員2万人が加入した労働組合があったが、労働組合の幹部の不正事件で組合員が一斉に脱退し、現在は97年に設立された労経協議会がその役割を代行している。ポスコ新労組準備委員会は15日、加入の意向を明らかにした組合員を集めて総会を開く。総会では、全国民主労働組合総連盟(民主労総)金属労働組合傘下ポスコ支会の来月初めの発足に対する賛否が議論される予定だ。

板橋(パンギョ)のゲーム業界では今月だけで2つの労働組合が設立された。民主労総傘下の全国化学繊維食品産業労働組合に加入したネクソン支会とスマイルゲート支会だ。これら労働組合の創立宣言文にはゲーム業界特有の長時間労働に対する不満が込められている。また40代に入った高齢開発者の老後の不安も労働組合設立の主な原因に挙げられる。

ネクソン労働組合は創立宣言文で「国内ゲーム産業規模は12兆ウォン(約1兆2000億円)台に成長したが、労働者の待遇は劣悪だ」とし「過労が日常になったゲーム業界の劣悪な労働環境を改善していく」と明らかにした。

国内産業界で労働組合設立の動きが目立っている。「無労働組合経営」で知られていたサムスン電子(2月)とポスコはもちろん、労働組合とは距離があった情報技術(IT)業界にまで「労風」が吹いている。4月にネイバーの社員労働組合が発足したのに続き、今月にはSKハイニックスの技術事務職労働組合も誕生した。


特に財界は国内鉄鋼業界トップのポスコの労働組合設立に注目している。ポスコに民主労総金属労働組合傘下の労働組合が設立され、約1万7000人にのぼる職員が組合員に加入すれば、ポスコ労働組合は金属労働組合で現代車・起亜車に次いで3番目に組合員が多い正規職労働組合となる。財界のある関係者は「民主労総の組合員が急増することになれば、労働界と経営界の力の不均衡がさらに深刻になる」と懸念を表した。
http://japanese.joins.com/

労働組合の財政や人的配分が企業別労働組合に集中し、企業別労働組合の上部団体である産業別労働組合は、団体交渉の妥結や争議行為を決定する権限を持っておらず、その権限は企業別労働組合にあるとしている。企業別労働組合は 企業内待遇の改善に取り組むインセンティブを持つため、企業外に組合組織の根拠を置く欧米に比べ て、韓国の労働組合の活動は個別企業の状況に左右され、企業エゴイズムに陥りやすい特徴がある。

企業別に労働組合が形成された結果、大企業の正社員のみが組織化されることになり、非正規労働者と中小企業の労働者はほとんど労働組合から排除される。韓国の非正規労働者の組織率(2010年)は、2.8%に止まっており、これは同時期の労働組合の組織率9.8%よりもはるかに低い数字である。また企業規模が小さければ小さいほど、労働組合の組織率は低い。中小企業の労働者や非正規労働者は労働組合から排除されるため、非正規労働者や中小企業の労働者の賃金や労働条件は労働協約の対象にならず、雇用形態別・企業規模別の賃金格差が拡大する。さらに最低賃金制度、労働法改正、社会保険に関する審議会に おいても労働組合だけが労働者代表として参加しているため、非正規労働者や中小企業の労働者の声は構造的に反映され難くなる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月12日 12:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp