韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  Apple、新モデル「iPhone XS」「XS Max」発表

Apple、新モデル「iPhone XS」「XS Max」発表

米Appleは9月12日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone XS」と「iPhone XS Max」を発表した。XS Maxは、シリーズ史上最大の6.5インチ有機ELディスプレイを搭載する。日本などで9月14日から予約を受け受け、21日に発売する。価格はXSが11万2800円、XS Maxが12万4800円から。

XSは5.8インチ(2436×1125ピクセル、458ppi)、XS Maxは6.5インチ(2688×1242ピクセル)の有機ELディスプレイを搭載する。前モデル「iPhone X」と同様、顔認証機能「Face ID」を備える。プロセッサは、7nm製造プロセスによる「A12 Bionic」チップを採用した。6コアCPU(4+2コア)、4コアGPUに加え、機械学習の処理のために8コアのニューラルエンジンを搭載する。ニューラルエンジンは毎秒5兆の演算処理が可能。

XS、XS Maxともにストレージ容量ごとに3種類のモデルをラインアップ。XSは、64GBが11万2800円、256GBが12万9800円、512GBが15万2800円。XS Maxは、64GBが12万4800円、256GBが14万1800円、512GBが16万4800円。 XSの外寸サイズは143.6(高さ)×70.9(幅)×7.7(厚さ)ミリ、重さは177グラム。XS Maxのサイズは157.5(高さ)×77.4(幅)×7.7(厚さ)ミリ、重さは208グラム。カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドを用意する。


いずれの機種もデュアルSIMに対応。eSIMと物理SIMの組み合わせによるLTEの同時待受(DSDS)が可能。中国向けのモデルのみ、物理SIMを2枚使える。バッテリー性能も強化。iPhone Xと比べると、XSのバッテリー持続時間は約30分、XS Maxは約1時間半伸びたという。 背面のカメラは、広角と望遠の2種類のレンズが並んだ「デュアルレンズカメラ」を採用する(広角側のF値は1.8、望遠側は2.4)。両レンズで使える光学手ブレ補正機能に加え、クアッドLED True Toneフラッシュも備える。前面カメラは、TrueDepthカメラを搭載(F値2.2の広角レンズ)。 防水・防じん性能は、IP68等級。最大水深2メートルで30分間まで耐えられるとしている。

同日、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載する「iPhone XR」も発表した。ブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、コーラル、プロダクトレッドの6色を用意する。8万4800円から。
http://www.itmedia.co.jp/

有機ELなのにタッチセンシングのリフレッシュレートが120Hz! そして当然のごとくより明るくなっていて、HDRにも対応し、3D Touchも健在。欠点がもう、ない。またスピーカーのステレオ性能も向上しているらしく、メディアの再生やゲームが捗ること間違いなし。 さらに7nmプロセスを採用したA12 Bionicは、CPUが4コア、GPUが6コア、ニューラルエンジンが8コアの合計18コアと言う化け物チップとなる。

気になるApple Watch Series 4は画面比率が大きくなっている。Series 3の38mmと42mmから、40mmと44mmに。でもベゼルが狭くなっているので、筐体は少しだけ大きくなっただけとなる。心拍数が低下するとアラート出す機能や、心電計、そして転倒を検知できるようになる。スゴイのは、これらのバイオ機能がFDAの認可を受けていること。ちなみに転倒を検知すると自動的に通話を発信する機能も追加される。またスピーカー・マイク・アンテナらが改善され、通話が快適になった。内蔵チップもS4で64bitに対応し、2倍早くなっている。しかし、 バッテリーは変わらず18時間持ちという。 またiOS 12は9月18日となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月13日 09:42 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp