韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日中露が軍事同盟?…日本人教授が見解

日中露が軍事同盟?…日本人教授が見解

2018年9月12日、ロシア連邦国有通信社のRIAノーボスチは、10日にウラジオストクで行われた日露首脳会談を受け、ロシア問題の著名な専門家、筑波大学の中村逸郎教授にインタビューを行った際、同教授が「安倍晋三首相とプーチン大統領の会談で、日本はロシアと中国と共に2019年の『ボストーク』連合軍事演習への参加を希望した」と明らかにした上で、「日露中の三国で軍事同盟を結ぶであろう」と予測したと伝えた。 記事によると、10日の安倍首相との会談で、ロシアのプーチン大統領は「日露両国の関係は着実に発展しており、これはまた両国の軍事部門に関連する最初の会談でもある」と強調したという。

中村教授は「昨年6月に中露両国の国防大臣はカザフスタンにて両国の軍事協力を行うことで合意しており、中国は今年、ロシアが行う軍事演習『ボストーク2018』(9月11日~17日)に参加している」とし、「『ボストーク2018』が東方経済フォーラム(9月11日~13日、ウラジオストクで開催)と同時期に開催されるのは決して偶然ではなく、これは経済フォーラムではあるもののある種の防衛的な性質を帯びている。また、自衛隊の統合幕僚長による今年10月のロシア訪問も日本が今後の軍事演習に参加を希望していることと関係があり、日本が来年9月に開催される『ボストーク』関連の演習に参加することにより、三カ国合同軍事演習となる予定である。現在、日露中の間で行っている経済協力は、軍事協力に変わるだろう」との見方を示したという。


また、記事は同教授が「日本は防衛問題では米国に依存しているが、日米同盟は米国なしには成立しないものである。しかし、米国政府は韓国と日本の防衛費を削減しており、これにより日本は他の方法を探さざるを得なくなっている。また、日露中間で新たな同盟を結ぶことにより、日本がこの10年間、常に懸念してきた中国の軍事力増強と北朝鮮の核問題を解消することができるだろう」との認識を示したとも伝えている。

一方で、同教授は「新たな軍事同盟はトランプ氏が依然として米国大統領である状況で発生するものであり、もし新しい大統領が軍事費増強を発表した場合、この新たな同盟は日本にとって魅力を失うだろう。しかし、新大統領就任前に新たな同盟を結んだ場合、それを捻じ曲げることは不可能である」と見ているといい、最後に「新たな世界情勢が現れ、時間は絶えず流れていくが、米国は何も変わらないだろう」と述べたという。
https://www.recordchina.co.jp/

日本を取り巻く国際環境が新たなステージに入りつつある。日清戦争、日露戦争、日中戦争、日米戦争。中国ともロシアともアメリカとも国家の存廃をかけて正面から戦争した国は、世界広しといえども日本だけとなる。日米戦争で敗れたあとは、圧倒的軍事力を誇るアメリカの「核の傘」の下に入り、アメリカ軍を国内に駐留させた。「長い平和と繁栄」を手にたが、アメリカが陰れば、中国とロシアの脅威が増すのは当然と言える。

現在も続く「米中二極時代」です。しかもその関係は、「沈むアメリカ、昇る中国」。日本は「世界第3位の経済大国」です。日本は、中国と、米国債保有高1、2位を争っている。過去を見れば日本がアメリカを捨てて中国に走ろうとした後、ロクなことがない。日中同盟なら尖閣、沖縄は安泰とはならない。日露同盟も厄介だ。日本は小国云々ではなく、世界をリードする国である。自国を守るために如何するのかは、日本政府はよく考えることである。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月15日 08:19 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
頭悪っ。こんなバカでも教授なの? 勉強のできるバカは教授にしてほしくないな。国からの補助金をもらってたらまるで無駄金じゃないか。
[ 2018/09/15 12:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp