韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本人はなぜ公共の場で「高い民度」を発揮することができるのか

日本人はなぜ公共の場で「高い民度」を発揮することができるのか

清潔な街に礼儀正しい人びとの姿を見て、多くの中国人は「日本人の民度はとても高い」と称賛する。日本の文化のなかには古代中国から大きな影響を受けたものが少なからず存在するが、なぜ日本人と中国人の考え方や習慣、そして、民度には違いが存在するのだろうか。

中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人の公共の場における振る舞いは確かに称賛に値すると指摘しつつ、日本人の民度の高さは「他人に迷惑をかけない」という日本ならではの考え方と、厳しい法律によって確立されたものだと主張している。 

記事は、日本でごみのポイ捨てや違法駐車といった迷惑行為がないのは「法律や条例による罰則」があるためではないかと主張し、特に、違法駐車は取り締まりが頻繁に行われていて、違反すれば高額の罰金を課されると紹介した。

また、日本では自転車も駐輪できない場所に停めれば撤去されるほか、禁煙の場所でタバコを吸えばやはり条例で罰せられることを紹介し、行政の厳しい管理が日本社会の良質な環境を生み出していると主張。「こうした環境があるからこそ、中国人も訪日するとおのずと日本のルールや規則を守ろうとするのだ」と考察した。


続けて記事は、中国も日本のように行政が法律や条例を制定し、人びとに法を遵守するうえでの重責を与えれば、公共の場における振る舞いは改善するはずだと主張し、日本を見習って改善していくべきであると主張している。
http://news.searchina.net/

最近、「国連が発表した世界の民度ランキングで日本は30年連続で世界1位だが、中国は数十年間ランキングの最下位付近を前後しており、日本と中国の民度の差は50年から80年もある」という中国で流れたこの「デマ」に関心が集まっている。国連に確認したところこのランキングは存在せず、中国を貶めるデマであると注意を呼び掛けたという。実はこのランキングに関する話は2006年からネットで流れているとの事。

中国メディアは、日本の教育の特色について分析。日本における教育とは、未知の物を探索するよう子供を導き、知識を得る能力と知識の大切さを育てるもので、自分の仕事に対する誇りを持たせる教育が行われていると報じている。素養のある大人となるよう、あいさつや食事の前の手洗いなど、人として基本的な事柄をきちんと教育していると、日本の教育方法を高く評価している。

日本の普通の教育である。とは言え現在は落ちているだろう。相次ぐパワハラ問題が勃発、政府では良からぬヤジが飛び交い、交通事故でのひき逃げ、危険運転、大阪では脱走劇等々…。改めるべき時にきている気もするが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月15日 12:35 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp