韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の大学生に広がる「中国人嫌悪」

韓国の大学生に広がる「中国人嫌悪」

2018年9月16日、中国メディアの海外網によると、韓国・ソウル新聞はこのほど、中国人留学生の大量流入を受け、韓国の大学生の間で「中国人嫌悪」が広がっていると報じた。

韓国教育部の資料によると、今年の外国人留学生は14万2205人で、昨年から14.8%増加している。そのうち中国人留学生は6万8537人で、全体の半数近い48.2%を占めている。韓国政府は23年までに外国人留学生20万人誘致を目標にしている。地方のあまり名前の知られていない大学にとって、中国人留学生は大学を正常に運営するための「保障」になっている。

中国人留学生は授業で「忌避」の対象となっている。韓国の学生たちは、韓国語があまり上手ではない中国人留学生とのグループ活動を避けたがるという。韓国人学生からは「国文学専攻の授業で韓国語を知らない中国人留学生と同じグループにされ困り果てた」「中国人留学生と同じ組にされると、単位は放棄するしかない」などの声が上がっている。一方で、中国人学生は「グループ作業の時、韓国語で上手に発表することはできないが、その分、資料調査に多くの努力を傾けている」などと述べている。

韓国中央大社会学科の申光栄(シン・グァンヨン)教授は、「文化の違いを理解する努力をすれば、中国人に対する先入観と偏見を消すことができる。同時に、自己中心的な思考を捨て、互いを理解する環境が造成されなければならない」と指摘している。
https://www.recordchina.co.jp/


産経ニュースは、近年の韓国の反日には深刻さが希薄で、ジコチュウ的な愛国パフォーマンスの要素が強いのだが、しかしそれはすぐ日本に伝わり反韓・嫌韓感情を刺激する。韓国人たちにすればあれは愛国であってことさら反日をやっているつもりはない。韓国マスコミも日本人がなぜ韓国に怒っているのかその実情を伝えない。そこでみんな笑顔で日本旅行に飛び立つということになる。 このスレ違いは深刻だが、問題は韓国が日本がらみでなければ愛国を語れないという状況が続いていることだと報じている。

私が韓国現代電子(SKハイニックス)を指導した時に感じたのは、自己中心的というよりは、日本統治以後の教育にあるように感じる。この国に自分がいるという精神的アピールをしたがる。従って、何かと自己アピールが過度となる。国が消えることを何より恐れている。また国があれば自分をアピールする。 私をボスと認めれば、喧しいと怒鳴ると、整列し、次の命令を待つ。 部長以上は自分の首が危なくなると下座し、助けを求める。 何とも両極端な性格に感じたが…。 日本統治以後のあるべき教育の間違いから反日教育となり、それは中国人に対しても、自分のテリトリーを荒らされる怖さがあると、「中国人嫌悪」となるのだろう。


関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月17日 12:35 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp