韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、中国「ビッグ4」に収益で抜かれる

サムスン電子、中国「ビッグ4」に収益で抜かれる

界のスマートフォン市場で、中国メーカーの収益がサムスン電子を抜いたことが分かった。4-5年前までコピー商品を生産しているにすぎないと思われていた中国メーカーは、販売台数だけでなく、収益規模でもサムスンを抜き始めた。サムスン電子はプレミアム市場の雄であるアップルと中低価格帯の市場を掌握した中国メーカーの板挟みとなるサンドイッチ現象が深刻化するのではないかという懸念が聞かれる。

香港の市場調査会社、カウンターポイントが発表した4-6月期のスマートフォン市場分析によると、華為(ファーウェイ)、OPPO、VIVO、小米(シャオミ)という中国「ビッグ4」は、スマートフォン市場で合計20億ドル(約2240億円)の利益を上げた。これは世界のスマートフォンメーカー約600社が上げた収益全体の20%に相当する。アップルは62%、サムスン電子は17%をそれぞれ占めた。また、アップル、サムスン電子、中国メーカー4社で収益全体の99%を占めた。

中国メーカーは2年前、収益面でサムスン電子の相手ではなかった。アップル(62.8%)とサムスン電子(28.8%)で全体の91.6%を占め、中国メーカー4社の割合は7.9%にすぎなかった。サムスン電子は当時、「中国メーカーは中国、インドなど開発途上国と一部先進国で低価格機種の販売に集中しており、当面脅威となるライバルではない」との立場だった。しかし、年間で億単位の台数を販売する中国メーカーが相次いで高級機種を発表し、サムスンの主力市場に食い込んでいる。


電子業界の関係者は「100万ウォン(約10万円)以上の最高級市場でアップルの牙城が揺るがない中、サムスン電子は50万-100万ウォン台のプレミアム市場で中国メーカーに追い上げられている」とした上で、「アップルと中国メーカーによる上下からの圧力の中で、今年の新機種『ギャラクシー9』が予想より不振で、サムスンが突破口を見いだすのは難しい状況だ」と分析した。
http://www.chosunonline.com/

サムスンは販売管理費が非常に高い。宣伝しないと売れない企業と言うわけだ。アップルとは大きく違う点は、アップルでいえばアップルストアや iTunes に変わるものがないことは致命的だ。 また中国は低価格でも性能の高いチップを採用する。サムスンは在庫整理の売れ残りチップでは歯が立たない。新興国では性能重視に変わっており、顧客のレベルも上昇している。中国スマホの内部は日本部品であるから、マイクやカメラを含めて性能が良い。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月18日 08:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp