韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  憲法改正めぐる安倍首相と石破元幹事長の違いは?

憲法改正めぐる安倍首相と石破元幹事長の違いは?

自民党総裁選で、安倍晋三首相(総裁)と石破茂元幹事長の憲法改正をめぐる持論には、どのような違いがあるのか。

安倍氏は、憲法9条の1項と2項をそのままで、自衛隊を明記するという考えだ。具体的には、自民党案として秋の臨時国会に提出し、その後の国民投票を目指すつもりだ。

石破氏は、9条の改正は「緊急性があると考えていない」とし、改憲は「共産党も含めて賛同が得られるものからやるのが大事だ」としている。

両氏はそれぞれ総裁選の所見を発表している。憲法改正について、安倍氏は憲法改正と明記しているが、石破氏の所見には憲法改正はまったく書かれていない。

安倍氏は憲法について述べるうえで、国民投票などのスケジュールには一切言及していない。同じ与党の公明党は憲法改正に慎重で、当然、安倍氏もそれを承知しているからこそ、「とりあえずは自民党内の議論を進めたい」と述べている。おそらく来年の参院選までは言及しないだろう。
http://www.zakzak.co.jp/


安倍首相の改正案は、「加憲案」と呼ばれており、戦力不保持を定めた9条2項を維持したまま自衛隊を明記することで、自衛隊をめぐる違憲論争に終止符を打つのが狙いがある。これに対して石破元幹事長の改正案では、2項を削除して「陸海空自衛隊を保持する」と明記するとしている。

9条の改正にはさまざまな意見があり、東京大学大学院教授らは、9条そのものを削除すべきだと主張している。安全保障政策は国際情勢などによって変化するので、憲法で固定せず、民主的な手続きを経て国会で決めるべきだという考え方だ。石破元幹事長は期待したレベルではなかった。もう少し安倍陣営に危機感を持たせる動きがほしかったが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月19日 08:21 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp