韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「週52時間勤務制」導入の韓国で、早くも懸念が現実に

「週52時間勤務制」導入の韓国で、早くも懸念が現実に

7月1日から「週52時間勤務制」が始まった韓国で、ヒュンダイオイルバンクが精油・石油化学業界では同制度の施行以来初となる定期修理(定期的に行われる大規模な修理作業)に入ったが、当初予定の日程で生産を開始することはできなかった。韓国・イーデイリーは19日、関連業界内の週52時間勤務制に対する疑念が現実のものとなったと報じた。

ヒュンダイオイルバンクは先月10日から今月10日までの予定で第1工場(原油精製処理施設および重質油分解施設など)の定修に入ったが、生産再開予定日を大幅に過ぎた現在も、作業は終了していない。同社関係者は、「台風や豪雨の影響による作業中断などで遅れたことは確かだが、現在、ほとんどの設備が試運転中で、間もなく通常稼働に入る予定」だと説明している。 しかし記事は、「実際に決定的な影響を与えたのは週52時間勤務制の施行だ」と指摘する。同社では定修の遅延を防ぐため、労使間の合意を経て3カ月間フレックスタイム制を導入したが、効果は得られなかったといい、ある精油業界関係者は「人手が十分なら定修を順調に進められたはずだが、人員補充はままならず、勤務時間も守らねばならずで、結局、時間が足りず生産再開が遅れているようだ」と話しているという。

定修期間が延びるほど、企業にも従業員にも負担がかかる。週52時間勤務制は雇用創出を目標としているが、精油・石油化学業界は2~3年に一度は定修を行うという特性上、そのための採用を行うことは非効率的。採用を増やさずに定修期間を延ばせば稼働中断にともなう売り上げの減少は免れず、第1工場の場合、1日に110億ウォン(約11億円)規模の損失が発生すると推計されるという。

スポンサードリンク
また、企業側は最低限の人手と期間を投じるしかなく、結果的に従業員の業務負担となる。別の業界関係者によると、「現場では事故の発生を懸念する声も上がっている」という。今後、定修を行う企業も、例外なく同一の問題に直面する可能性が高い。SKイノベーションやLG化学などが下半期に定修を控えており、関連業界は大韓石油協会などを通じ、定修を「特別認可延長勤務」に含めるか、現在は3カ月まで認められているフレックスタイム制を延長するよう求めている。
https://www.recordchina.co.jp/

企業低迷で、仕事量が減少しているにもかかわらず、生活残業の実施を求める。日本でも10数年前にフレックスタイムを導入した。本来フレックスタイム制となれば残業ゼロが基本である。一方製造業でフレックスタイム制導入は難しい。一人作業となるセル方式であれば別だが、ラインとなると無理がある。韓国では、設備が試運転中や特別な場合の規定がしっかりしていない。日本でも働き方改革が叫ばれているが、要は仕事に集中するのに、一日8時間をどうの様に利用するかの追及が無い。

さらに言えば、産業別による区分けや特例事項がないことが、より一層厄介にしている。もっとも韓国では、長時間働かないと生活できないわけで、生活残業と、本来あるべき仕事とが、一色単になっていることが問題となる。日本でも結局この部分で、いつしかフレックスは影を潜めた。 ところが、成長戦略に移行するほどにプロジェクトが増えて、プロジェクト内で考慮する責任と権限が委譲される日本企業では、意外とそれが上手に機能する。必要な時間働くときは、期間を決めるだろうし、ある程度めどがつけば残業はしないだろうし、メリハリをつけるのが一般的である。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月20日 18:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp