韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  人の仕事を奪うロボットだが、新たな雇用も創出

人の仕事を奪うロボットだが、新たな雇用も創出

自動化技術は世界の企業発展の大きな流れになっており、ロボットと人工知能(AI)が将来的に人の代わりになり、数億人の労働者の生計を脅かすと警告する研究が増えている。しかし世界経済フォーラム(WEF)がこのほど発表した「未来の仕事2018」は、楽観的な見方を示した。その結論によると、ロボットが2025年までに世界の過半数の仕事を引き継ぐが、人間の雇用は減少するどころか増加する可能性があるというのだ。中国新聞網が香港文匯報の報道を引用して伝えた。

報道によると、この報告書はグローバル企業300社超(計12業界)の経営陣を調査した。自動化技術とAIの発展に関する設問を設け、未来の労働市場が「第四次産業革命」を迎え、本質的な変化が生じるかを聞いた。

数量を見ると、労働市場では2022年までに自動化技術により1億3300万人分の雇用枠が創出され、7500万人分の雇用枠がロボットに取って代わられる。ロボットは2025年までに52%の作業を担当し、現在のほぼ2倍の割合になる。 報告書によると、ロボットは今後数年で速やかに鉱山労働者、セールス担当者、顧客管理者、労働者、郵便局員、秘書などに取って代わる。しかしマーケティング担当者、カスタマーサービス担当者、EC及びSNS関連の「人間のスキル」が必要な雇用が増加するというのだ。

スポンサードリンク
研究チームによると、自動化技術がもたらす主な課題は従業員の再教育だ。新技術により、新たな仕事ではさらに高い創意、批判的思考力、説得力が必要になる。航空業、観光業、物流業では特に、従業員の研修を増やすことが必要になる。また、生涯学習のトレンドもより顕著になる。
https://www.recordchina.co.jp/

ロボットによって人間は仕事を奪われることにはならないというが、現実はそう単純ではない。製造においては確実に仕事は奪われる。むしろ高齢者による事故を未然に防ぐ意味では重要だ。トヨタで高齢者の死亡事故が起きたばかりだ。中小企業ではほとんど報じないが、高齢になるほどに事故は増加する。 また社内外の不良率も増加する。信頼性を高めるには製造や検査は標準化した部分をロボットに切り替えるのが企業としてはメリットがある。

高齢者を含め、管理面的な事務処理が無難だろう。ただ建設業界の様に高齢者とはいえ、体力ともに元気なうちは頑張れる産業もあるわけで、適材適所を考慮しつつ、高齢者を含めた新たな仕事環境作りが不可欠となる。働き方改革の実は陰に隠れた目玉なわけで、政府はこの部分にはあまり触れていないが、いずれメインテーマとなるだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月22日 09:31 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp