韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国による米朝間の調停が非常に困難である理由

韓国による米朝間の調停が非常に困難である理由

2018年9月21日、新華社は、韓国が北朝鮮と米国との間を調停するのは非常に困難だとする記事を掲載した。記事は、「韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は来週にも米国を訪問し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談の成果についてトランプ大統領に報告する予定だ」と紹介。しかしアナリストからは、「米国は北朝鮮に対する『最大限の圧力』政策を簡単に放棄することはなく、米韓で問題の関心事が異なることから、韓国による調停は困難」との見方が出ていると伝えた。

米国務省のナウアート報道官は20日の記者会見で、北朝鮮の非核化を促進するために北朝鮮の言う「相応の措置」を米国が取るかどうかとの質問に対し、「米国は北朝鮮が非核化を最初に行う必要があるとの立場を堅持している」と回答し、南北首脳による共同宣言では国際原子力機関(IAEA)と米国の査察官が立ち会うことは含まれていないものの、「これは米朝間の共通の理解だ」と語った。 記事によると、各界の注目を集めているのは、南北首脳による共同宣言で「米国が6月12日に署名した米朝共同宣言の精神に基づき相応の措置を取るなら、

北朝鮮は寧辺にある核施設を永久に廃棄するなどの追加的な措置を取る用意がある」と表明したことだという。また北朝鮮は「まず関係国の専門家立会いのもと、東倉里のミサイル発射場を永久に廃棄する」とも表明したと記事は紹介した。


しかし、中国人民大学重陽金融研究院の王鵬(ワン・ポン)副研究員は、「米国の関心事は、終始北朝鮮が先に核を廃棄する事にあるが、韓国、特に文政権は朝鮮半島の平和問題と南北関係の正常化を優先的に考えている。この戦略の優先順序の違いが米韓双方の対北朝鮮政策の不一致をもたらしており、これこそが来週の文大統領の訪米の際の調停を困難なものとしている原因だ」と分析した。
https://www.recordchina.co.jp/

日本から見れば、実は何も変わっていない。韓国政府はそういう部分を理解しているのだろうか…。弾道ミサイルはいつでも発射できる。北の脅威は前のままである。弾道ミサイルも、核放棄も、さっさと実施してほしいものだが…。朝鮮戦争の終わりよりも大優先となる。実施すれば自然と朝鮮戦争は終結する。関連国で書類上だけの問題となる。そういうレベルにしないで、今のままでは、単に北と南が寄り添っただけで、変わることは何一つないことを理解数るべき。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月23日 09:46 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
マシな話はないのか
タイトルの「米朝間の調停」、これがすでにプロパガンダです。
中朝連合から言わせれば、核問題は「調停事項」になるが、
これは中国共産党が精一杯、北朝鮮の肩を持った言い方です。
持ったんだから、持ったことは認めろという主張。
米日連合からみれば、核廃棄は片方向の要求事項である。
なにしろ、北朝鮮は米国を、日本をミサイル攻撃すると脅した。

文在寅の基本戦略は、核武装した統一朝鮮の実現であって、
彼はその目標に向かって頑張る。米国は、そこを見透かしているから、
米韓は折り合いがつかない。文在寅が降りない限りつかない。

現時点、北核問題が膠着だから、米国は同期させて中国を
関税攻撃にかかっている。

新華社は中共(中国共産党)の国家メディア。
共産主義というのは、党利党略を世界公認事項のように
宣伝する性質がある、
[ 2018/09/23 17:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp