韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍氏、トランプ氏と150分の夕食会…韓米会談前日に約束を入れた理由

安倍氏、トランプ氏と150分の夕食会…韓米会談前日に約束を入れた理由

23日(以下、現地時間)、米国ニューヨークに到着した日本の安倍晋三首相が初日の日程で米国のドナルド・トランプ大統領と夕食を共にした。 会場はニューヨーク5番街のトランプタワーにあるトランプ大統領の自宅で、通訳だけを同席させた1対1形式の夕食会だった。

2時間30分にわたる夕食会を終えた後、安倍氏は記者団に対し、「いつものように大変くつろいだ雰囲気の中で、日米関係だけではなくて、国際社会の様々な課題について、率直に突っ込んだ意見交換をすることができた」と述べた。 特に、北朝鮮非核化問題に関して安倍氏は「6月の歴史的な米朝首脳会談によって生まれた機運を更に力強いものとし、朝鮮半島の非核化に向けて、引き続きしっかりと緊密に連携していくことで一致した」と述べた。

日朝間の懸案である日本人拉致問題に関連しては「出発前に拉致被害者の家族会の皆様から切実な思いについてお話を伺い、そのメッセージをトランプ大統領に伝えた」とし「トランプ大統領は身を乗り出して熱心に耳を傾けた」と紹介した。安倍氏は「次は私自身が金正恩委員長と向き合って、1日も早い拉致問題の解決のために、あらゆるチャンスを逃さないという決意で取り組んでいく考え」と強い意欲を示した。 トランプ氏は安倍氏に会う前、ツイッターで「我々は日本に多大な協力をしてきた。(両国関係を)さらに互恵的な関係にしていきたい」と述べ、日米貿易不均衡是正に対する意志を表わした。


2人の間では貿易に関連した敏感な話題もやり取りされた可能性もあるが、安倍氏は「お互いに率直な意見交換をすることができたと思う」とし「日米間の通商、投資、貿易等の課題、FFR(自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議)については、大変建設的な議論ができたと思っている」と述べるにとどまった。

夕食会は当初トランプタワーの地下レストランで行われる予定だったが、急遽自宅に変更された。安倍氏は食事についての質問に、「2年前の11月に初めてトランプ大統領とお目にかかった、大統領の私室の応接間でお目にかかった」とし「そちらの方がゆっくりした雰囲気で話せるだろうということで、そこで30分ほど話をし、その後、その居室の場で食事をした」と説明した。 夕食前の30分まで合わせると、両首脳は3時間もの間一緒にいたことになる。26日に公式的な首脳会談が予定されているにもかかわらず、このように別途夕食時間を持ったこと自体が異例といえる。
http://japanese.joins.com/

首相は記者団に、貿易に関し「日米間だけでなく、米国の通商に関わる話について率直な意見交換ができた」と述べた。26日の日米首脳会談では米側の厳しい要求が予想され、首相は形式張らない場で信頼関係を再確認することを狙ったと各メディアは報じている。

米中貿易戦争が始まる中で、日本の動きはトランプ氏にとっては、厄介でもあり、米国に必要でもありと複雑だ。今の日本は、経済さらに莫大な資産、有益な企業を持つ国として、大きな刺激を日本には与えられないことを知っている。日米同盟において、オバマ政権下で米国主導から米国と対等に変えた安倍首相であるから、その立場は変わらない。トランプとて日本を大きく刺激すれば、米国にとって莫大な軍事費用を得ているわけで、単に貿易不均等だけの問題ではない。度が過ぎれば米国は大きな損失となり、日中貿易と米中貿易とのバランス役が日本であるから、単純に過激な言葉では語れない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月24日 18:51 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp