韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  Apple、Shazam買収を完了、近日中にすべてのアプリを広告フリーに

Apple、Shazam買収を完了、近日中にすべてのアプリを広告フリーに

米Appleは9月24日 (現地時間)、音楽認識サービスを提供するShazamの買収が完了したことを発表した。昨年12月に合意が明らかになったShazam買収に関しては、欧州委員会 (EC)が独占禁止法に抵触する可能性を調査していたが、今年4月に「デジタル音楽市場の競争は阻害されない」と判断した。

Shazamは、スマートフォンとデジタル音楽サービスの普及とともに大きく成長したサービスだ。曲名などを知らない曲でもShazamに聞かせると、音楽を解析して、その曲の情報を教えてくれる。現在、スマートフォン用アプリ (iOS、Android)、スマートウォッチ用アプリ (watchOS、Wear OS)、Mac用アプリを提供している。

Appleによると、Shazamのダウンロード回数は全世界で10億回を超えており、Shazamアプリを使用した曲の認識は1日に2,000万回を超える。ユーザーが検索した曲のデータはクラウドで保存・管理され、サービスのパーソナライズやサービス改善に用いられる。例えば、Shazamユーザーに検索されて今トレンドになっている曲を知ることができる。

今後についてAppleは、「近日中にすべてのユーザー向けに広告が表示されないShazamアプリケーションを提供予定 」としている。
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
米Appleが英Shazamの買収を認めた。この件を最初に報じた米TechCrunchは昨年12月、AppleとShazamからの声明文を添えて報じている。取引の詳細は公表されていないが、米Recodeによると買収総額は約4億ドル。Shazamは、2000年創業のロンドンに拠点を置く非公開企業。流れている音楽をスマートフォン(立ち上げ当時は携帯電話)のマイクで取り込み、曲名を表示するという音楽認識・検索アプリをiOSおよびAndroid向けに提供している。2011年には曲名だけでなく、テレビ番組や広告も認識できるようになった。2016年9月時点のアプリダウンロード数は10億件以上だ。

アプリとしてのShazamが今後どうなるかは不明。Appleは2014年からSiriにShazamを統合しており、Siriに「これは何の曲?」と尋ねるとShazamのカードを表示する。今後、例えば米Googleの「Pixel 2」のように、周囲で流れている音楽について自動的にロック画面に曲名を表示する機能などがiPhoneにも追加される可能性は否定できない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月25日 09:02 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp