韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  iPhone XSとiPhone XS Maxは、勝手に「美肌」撮影している

iPhone XSとiPhone XS Maxは、勝手に「美肌」撮影している

iPhone XSとiPhone XS Maxで人物を撮影すると、自動で「美肌」効果が適用され、効果の適用をオフにできない、との指摘が挙がっています。 iPhone XSとiPhone XS Maxのカメラは、暗い場所でもきれいな写真が撮りやすくなり、撮影後に背景のボケ具合を自由に調整可能になるなど大きな進化を遂げています。

しかし、iPhone XSとiPhone XS Maxで人物を撮影すると肌のシミやそばかすが自動的に消される、いわゆる「美肌」効果が、ユーザーの意図に関係なく適用される、と海外掲示板サイトRedditのユーザーが不満を書き込んでいます。 書き込んだユーザが掲載した写真を見ると、iPhone XSで撮った写真では、iPhone Xで撮った写真にある毛穴や吹き出物が消されて、肌が滑らかに写っています。このような効果は、多くのスマートフォンのカメラ機能や各種アプリの機能として提供されていますが、それらはユーザーが効果を適用するかどうかを選択できます。

しかし、iPhone XSとiPhone XS Maxでは、効果のオンオフを選択することはできず、こうした「美肌」効果を望まないユーザーには「余計なお世話」と感じられそうです。iPhone XSとiPhone XS Maxの「美肌」効果を報じた海外メディアiPhoneHacksは、「iOS12.1のアップデートで、効果をオフにする選択肢が提供されるか、効果を控えめに適用するようになるのではないか」と予測しています。
iOS12.1は現在、開発者向けのベータが公開されており、背景のボケ具合をリアルタイムに調整できる機能が追加されています。
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
「ビューティーモード」とは、デジタルカメラなどが持つ機能のひとつです。簡単に言えば、人物を写したときに、より美しいと評価されるよう、加工するモード。 主に被写体の顔や肌を、綺麗で滑らかな“美肌”に見えるよう撮影することが多く、中には「目を大きくパッチリさせる」「顔をより痩せて見せる」といった機種もある。 もともとは、一部のコンパクトデジタルカメラに搭載されていた機能。それが、携帯電話の一部で採用され、現在ではさらに進化した機能としてスマートフォンに搭載されることが増えてきている。

セルフィー(自撮り)が好まれる韓国や中国・台湾メーカーのスマートフォンでは、この種の機能が「特長」としてよくアピールされている。スマートフォンの代表格とされるiPhoneには搭載されていませんが、同様の機能を持つアプリが数多くApp Storeで配信されている。もともとカメラに使うイメージセンサーは、画像処理のための回路が組み込まれている。撮影の際に画像に入るノイズを除去したり、画像をよりビビッドにするといった用途。その画像処理のための回路をよりパワーアップすれば、さまざまな画像加工ができるようになる。

デジタルカメラや携帯電話・スマートフォンでは、カメラユニットに画像処理プロセッサを搭載し、画像を様々に認識したり、画像が鮮明になるように、あるいは自然になるように加工を行うようになった。 しかし専門家の間では、写真画像としての価値を問題視することが多くなったのも事実。 そういう意味では、ミラーレス一眼の人気は、より鮮明で、正しい再現ができる点にある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月27日 09:26 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp