韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「シンゾーとの友情」車関税猶予決定後のトランプ氏の発言

「シンゾーとの友情」車関税猶予決定後のトランプ氏の発言

「(米通商拡大法)232条を外してくれてありがとう」(安倍首相)
「シンゾーとの友情だ」(トランプ大統領)
28日、日本経済新聞が伝えた日米首脳会談直後、両首脳が交わした対話だ。日経は「首脳会談を終えた首相が近づくとトランプ氏は『友情』を口にした」と伝えた。

今回の日米首脳会談で日本は米国とTAG(物品貿易協定・Trade Agreement on Goods)を締結して物品に対する関税協議に入ることにした。米国が両国間FTA(自由貿易協定・Free Trade Agreement)締結を要求してきたが、これを避けながらも一時的ながら自動車の追加関税を猶予させる折衷点を求めたわけだ。

日経によると、TAG談判は26日(現地時間)、トランプ大統領と安倍首相の夕食会で行われた。日本は日米貿易協議(FFR)交渉の代表を務めた茂木敏充経済財政・再生相に全権を委ねたが、米国はカウンターパートであるライトハイザー米通商代表部(USTR)代表でない事実上、トランプ大統領が決定権を握っていた。


安倍首相周辺には「事務レベルでいくら詰めてもトランプ氏にひっくり返される」という懸念があった。 当初、夕食会はトランプタワーの中にあるレストランで行う予定だったが、トランプ大統領の提案で同じビルにある大統領の自宅に場所を変更したという。トランプ大統領が当選した後、安倍首相が当選の祝福に駆け付けていたところだ。 夕食会は北朝鮮情勢に関した対話が半分で、通商問題もやはり中国に集中した。トランプ大統領が日米間貿易を問題視する発言はほとんどなかった。安倍首相は「これなら、(原案通りに)いける」と伝えたという。突発事態に備えて話す内容を用意した「発言メモ」もお蔵入りとなった。

安倍首相は夕食会後、朝を迎えたばかりの東京に電話をかけて「トランプ大統領が(合意を)ひっくり返すことはないだろう」と伝えると、官邸内には安堵の声が広がったという。 だが、安倍首相の安堵とは違い、日本国内では「TAGがFTAと何が違うのか」として日本が譲歩したという批判の声も出た。
http://japanese.joins.com/

物品貿易協定 略称はTAG(Trade Agreement on goods)。複数国の間でモノの輸出入にかかる関税の引き下げや撤廃について定める協定。農産品や工業用品など幅広い貿易品目が交渉対象になる。 日本政府は、関税だけでなく、投資やサービスの自由化にも範囲が及ぶ自由貿易協定(FTA)とは別の協定との立場。安倍晋三首相はトランプ米大統領との会談後の記者会見で「TAG交渉はこれまで日本が結んできた包括的なFTAとは全く異なる」と説明している。

貿易というのは2種類ある。 「物」、農産物や、手に持って形のあるもの。それから「サービス」がある。「物の貿易」と「サービスの貿易」があり、今回はTAG、物品の方の協定を始めるとした。TAGにせよ、FTAやTPPにせよ、戦略であることに変わりはない。戦略を持って外交を通じて、進めたほうが有利となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月28日 18:49 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp