韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  米中貿易戦争激化、輸出に依存する日本経済…消費増税の場合か

米中貿易戦争激化、輸出に依存する日本経済…消費増税の場合か

アベノミクスが始動して以来の日本の輸出と正味の家計消費の前年比推移である。家計消費は消費税率アップのたびに名目額がかさ上げされるため、消費税分を差し引いて算出した。一目瞭然、アベノミクスがもたらしている景気回復は輸出主導である。

2018年度(4~6月期の年率値)を12年度に比べると、輸出は国内総生産(GDP)を6・5%、32兆円余り押し上げたのに対し、正味家計消費のそれは0・7%、3・5兆円弱に過ぎない。14年度以降でみると、輸出は22兆円弱増となったが、正味家計消費は4・9兆円減った。家計消費に代表される内需は増税と緊縮財政によって強く押さえつけられている。異次元金融緩和政策がもたらす円安と米景気の拡大の相乗効果で輸出が伸び、設備投資や求人倍率上昇が支えられるという構図である。 予定通り消費税率10%実施を安倍首相に勧める向きは、求人倍率が1974年1月以来の水準まで高まった有効求人倍率を根拠にしている。雇用情勢が逼迫(ひっぱく)化している中では、家計消費が受ける増税ショックは一時的で軽く済むとみるわけだ。首相の言う教育無償化の財源も確保できるし、財政再建にも役立つ、といいことずくめの楽観論である。

しかし、そうした見方は、これまでのアベノミクスの「成功」が輸出によって支えられてきたことを無視しがちだ。 折しも、激化しているのが米中貿易戦争である。トランプ大統領は中国に対して制裁関税というトランプ弾を連射しているが、公約は「米国第一主義」であり、対外貿易赤字全体の削減である。


不公正貿易慣行やハイテク窃取、さらに対米貿易黒字で稼いだドルで対外膨張策を展開する中国が最大の標的には違いないが、トランプ氏は中国、メキシコに次ぐ貿易赤字相手国日本に対しても強い不満を表明している。 安倍政権側は2国間協議に応じ、農産物関税引き下げなどを提示するつもりだが、トランプ政権側は時間稼ぎとみて対日批判を強めている。日本車の輸入関税引き上げ、あるいは日銀政策まで制約を受けかねない「為替条項」導入を迫られる恐れがあるが、日本側は絶対拒否の構えである。となると、日米間に隙間ができてしまい、対峙(たいじ)しなければならない中国の脅威に対し結束が乱れてしまう。
http://www.sankei.com/

消費増税にも損益分岐点がある。前回の増税時には予想を下回る値となった。恐らく損益分岐点は12%あたりとなる。10%増税効果は薄いとみるのが自然だ。産経ニュースは、輸出に極度に依存する日本経済は、10年前のリーマン・ショック後がそうだったように、国際経済情勢激変に対して脆(もろ)い。消費税増税中止は当然だと締めくくっている。日本の輸出依存は27%レベルとなる。過去尾を見れば日本の輸出依存は急速に高まってきた。日本は貿易立国であり、内需の不足を輸出によっておぎなっている内需依存型経済とは言い難い数値となった。

2014年あたりまでは、日本の輸出依存度は15.2%。対して輸出依存度トップといわれるオランダは66.0%となり、その差は50%近くあった。「日本は貿易立国であり、内需の不足を輸出によっておぎなっている内需依存型の経済と言われてきた。だが直近では輸出依存は27%まで上昇しているわけで、海外の影響を受けやすいくなってきたのは事実。自国の市場だけですべての産業を自給自足的に成立させることが難しく、国外市場への輸出や国外供給地からの輸入に頼らざるを得ない経済状況になりつつあるという事だ。

過度に依存しない限りは問題はないが、内需国から貿易依存の国へ移行しつつあるが、結局はそのバランスをとることが重要とみる。今よりも依存度を上げない事である。同時に内需も加速的に育てる必要がある。程よい数値でバランスよく保つことが望ましい。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月29日 12:32 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp