韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国では6割の高齢者が自分で生活費をまかなう…

韓国では6割の高齢者が自分で生活費をまかなう…

2018年9月28日、新浪財経は、韓国も高齢化社会に突入したものの、6割の高齢者が自分で生活費を賄っていると伝えた。 記事は、「韓国統計庁のデータによると、65歳以上の高齢者が総人口に占める割合は14%を超えており、『高齢社会』に突入した。しかし、61.8%の高齢者が、自分であるいは配偶者が生活費をまかなっており、子どもや親せきに頼っている人は25.7%、政府や社会団体から生活費の手当てを受けている人は12.5%にすぎなかった」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「老後は自分で何とかしろという宣伝ですね」「つまり老後の生活を国に頼むことはできないと?」「それとなくほのめかすのはやめてくれ」「なんだか最近やたらと言い訳を探しているような気がする」などのコメントが寄せられ、多くのネットユーザーが中国も韓国同様、老後は自分でなんとかするようにとのメッセージだと受け取ったようだ。 また、「社会保険を支払っても意味がないのなら早く言ってください。返金してもらいます」「社会保険を支払わなくてもいいですか?支払った分を返してもらえますか?老後の面倒は国に見てもらわなくていいので」と、中国の社会保障に対する不信を示すユーザーも多かった。

ほかには、「われわれの背後には強大な祖国があるから大丈夫」「中国では、体制内部の人間だけが老後の面倒を国に見てもらえる。その他13億人は自分に頼るしかない」などの意見もあった。
https://www.recordchina.co.jp/


金融広報中央委員会が毎年実施している「家計の金融行動に関する世論調査(平成29年)」で、老後の生活費や貯蓄に関して、アンケートによる全世代(20代~70歳以上)の平均額の回答が公表されている。世帯別では、セカンドライフを過ごす60歳以上、70歳以上の方たちはともに最低生活費の平均回答額は28万円で、より実感がこもった金額のようにも感じられる。

一方、厚生労働省が毎年発表しているモデル世帯における夫婦二人の年金額の平成29年度の金額は1カ月当たり221,227円で、平成28年度の221,504円より277円ほど減っている。最低生活費を年金だけで生活費を賄うのは厳しそうだ。老後趣味も無く、過ごすのは苦痛でもあるが、アルバイト制度の見直しと引退後でも働きやすい業務を考慮する必要性は重要だ。 一方の韓国では借金が多いわけで、老後その借金返済のために働くケースが増えているのも事実。それが普通となってきている。年金制度に乏しい韓国では今後の大きなテーマとなる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年09月30日 08:41 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp