韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国秋の連休、人気旅行先1位はベトナム、日本は3位

韓国秋の連休、人気旅行先1位はベトナム、日本は3位

2018年9月28日、環球網は韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の9月の連休(22~26日)の人気旅行先第1位はベトナム(海外渡航者全体の36.3%)、2位は中国(同22.7%)、日本は3位(同20%)だったと報道した。

データは韓国の旅行会社MODETOURが27日に発表したもの。同社関係者によると、今年の連休は去年に比べ日数が短かったことで、旅行者の数は減少したとのこと。しかし行き先に関しては、日本やインドネシアで起きた地震などの影響を受け、ヨーロッパなどの遠方に行く人が増えたという。

記事は、9月の連休中の韓国国内の状況について、ソウルの主要なビュッフェレストランや中華レストランの売り上げが前年同期比で3割近く増加したことや、ロッテホテルが満室となったことを紹介。

また、ロッテワールドタワーとロッテワールドアクアリウムの来客数もそれぞれ前年同期比160.2%増、78%増と好調だったという。
https://www.recordchina.co.jp/


ライダイハンとは、韓国がベトナム戦争に派兵した韓国人兵士と現地ベトナム人女性の間に生まれた子供、あるいはパリ協定による韓国軍の撤退と、その後のベトナム共和国(南ベトナム)政府の崩壊により取り残された子供のことをいう。

ライダイハンの正確な数は、諸説ありはっきりしない。1500人(朝日新聞・1995年5月2日)、2千人(野村進)、最小5千人・最大3万人(釜山日報)、7千人、1万人以上(名越二荒之助など)などの説がある。彼女らの中には父親の記憶を持たず、朝鮮語を話せず、写真だけが唯一残された思い出という者がいる。韓国との混血児は名乗りでないとの主張もある。正確な調査が行われないまま、援助団体が支援を主張したため、数が膨れ上がったとも言われる。

そういう国や統治下の日本に行きたがる韓国人は、とても歴史を勉強している様には感じない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月01日 08:07 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp