韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  合同演習、米国の費用は米国が出すのが慣例

合同演習、米国の費用は米国が出すのが慣例

ドナルド・トランプ米大統領が最近「韓米合同演習の費用は韓国が出さなければならない」と明らかにしたことに関連して、韓国政府は「合同演習は相互互恵的」とし「合同演習の場合には参加する国家が自分の費用を分担することが慣例」と反論した。

韓国と米国が第10次防衛費分担協定締結のために19~20日に7回目の会議(ワシントン)を進めた中で、交渉に参加した外交部当局者が1日、記者団と会ってこのように明らかにした。同当局者は「合同演習は安保に役立つことは事実」としつつも「(合同演習は)一方的な恩恵ではない。米国にとっても役立つ側面がある」と付け加えた。それと共に「このような点に対して米側がもう少し理解する必要があると考える」と話した。

トランプ大統領は先月26日(現地時間)、ニューヨークで開いた記者会見で韓米合同演習と関連して「私は率直に韓国に対して『あなたたちがこのゲーム(合同演習)に金を出さなければならない』と話した」と言及した。トランプ大統領は以前にも数回にかけて韓米合同演習を“ウォーゲーム”と呼び、費用分担について論じてきた。ただしこの発言が、24日(現地時間)の韓米首脳会談直後に出てきたうえに、両側が交渉の後半戦に入っただけに、今後の交渉に直接的影響を及ぼすと見られ注目される。実際、外交部では米国代表団が今月中旬にソウルで開かれる8回目の会議で、トランプ大統領の今回の発言をあげて圧迫攻勢をかけるものと予想している。


この他にも米国は、来年以後に適用される第10次韓米防衛費分担協定締結のための交渉に入ってから、“作戦支援”の項目を新設し戦略兵器の韓国への展開費用を分担するよう要求してきた。これと関連しては、6・12朝米首脳会談以後の朝鮮半島の情勢変化が米国側の立場にどのような影響を及ぼすかが関心を集めた。外交部当局者はこの日、米国側の立場の変化を尋ねる質問には「敏感な事案」とし「イエス、ノーで答えることは難しいことを理解してほしい」と答えた。その間「米国側の立場には変化がない」という外交部の返事とは差がある。具体的に両国間の戦略資産展開の費用分担に関連してどのような議論がなされているかは確認されていない。
http://japan.hani.co.kr/

そもそも何のための軍事演習かを考慮すれば答えが出るのではないのか…。北の脅威であれば、韓国側の負担分は大いに増加しても不思議ではない。グレー部分における取り決めが不十分ともいえる。記事では、外交部当局者は「(分担金)総額、有効期間、年増加率、制度改善など主な争点と関連して、両側の立場の違いを狭めていくためにパッケージ方案で交渉を進めている」としているが、パッケージでは無駄な部分の多々あるだろうし、トランプ大統領が理解するのかは難しいのでは…。韓国政府は、しっかり外交を実施して取り決めなかったツケともいえる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月02日 08:22 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp