韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「ICT強国」韓国の名折れ…校内学生用PC数はOECDの半分

「ICT強国」韓国の名折れ…校内学生用PC数はOECDの半分

人工知能(AI)、バーチャルリアリティ(VR)、モノのインターネット(IoT)など、未来技術を活用した教育をするには無線インターネットの接続環境、学生別に提供される十分なデジタル機器が必須だ。情報通信技術(ICT)強国であり教育熱も高い韓国の環境は果たしてどうなのか。

経済協力開発機構(OECD)加盟国と比較してみると、韓国の状況は「落第点」だ。OECDが3年ごとに集計している加盟国満15歳の学生を対象としたICTフレンドリー度アンケート調査の結果でこのような実態が赤裸々に表れている。最近の調査は2015年に行われた。韓国はまず、「学校内インターネット使用時間」がとにかく不足している。「学校ではインターネットを使わない」という学生が韓国は56.7%。OECD平均は24.6%だ。 学生が使えるコンピュータ(PC)も不足している。韓国は0.37台で、OECD平均(0.77台)の半分にも及ばない。

学校でのデジタル機器(デスクトップ、ノートブック、携帯電話、タブレットPCなど)使用頻度は、調査対象31カ国中、韓国は30位で最下位から2番目だ。デジタル機器を社会的相互作用道具として考える認識もOECD平均に至らない。 韓国教育学術情報院(KERIS)は昨年出した報告書で、「学校のデジタル機器アクセシビリティを高められるような対策が急がれる」と指摘した。デジタル機器の普及が教師の行政業務用に使われ、学生のデジタル機器使用につながっていないということだ。この報告では「韓国の学生は、デジタル機器を多様な問題を解決して学習興味を高めたり、友人と協業したりする用途では積極的に使えずにいる」と指摘した。



無線インターネットの接続環境の改善も急がれている。エデュテック革命の先端・オーストラリアでは、公・私立学校内のほぼすべての空間で無線インターネットに接続することができる。韓国は小・中学校のうち無線インターネットに接続できる学校は非常に少ない。韓国教育部は今年、無線インターネットが設置されていない小中学校4400校に無線インフラの拡充を進めている。だが、これさえもすべての教室が対象ではない。無線インターネットに接続できる教室が1校当たり4カ所程度に制限されている。
http://japanese.joins.com/

立命館大学 6 学部 568 名の学部生に対して実施した情報端末の利用実態に関するアンケート調査の結果では、大学に持ち込んで使用している端末は、どちらもスマートフォンがノートパソコンを上回ったが、授業中に使用している端末では逆転している。多くの学生が学内 Wi-Fi を高頻度で利用しているものの、接続可能エリアや接続スピードに強い不満を抱いているという。パソコンでのタッチタイピングの習熟度では、できる学生とできない学生がほぼ半数にわかれたとの事。家族や友人との連絡手段では LINE が他のメディアやサービスを圧倒的に上回った。さらに、スケジュール管理を紙の手帳で行っている学生がパソコンやスマートフォン利用を上回った。

日本でも自国の大学生がパソコンの操作に不慣れであるという認識が顕在化するようになった背景を考えるとき、日本で携帯電話やスマートフォンといった携帯端末が若年層にどのように普及し利用されてきたかを振り返る必要がある様だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月03日 08:30 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
諺文
韓国語がコンピューターで音声認識されにくいのはなぜか…
[ 2018/10/04 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp