韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本の残業時間、最も多い職業は?

日本の残業時間、最も多い職業は?

パーソルキャリア(東京都千代田区、峯尾太郎社長、03・6213・9000)は、転職支援サービス「duda(デューダ)」を通じた、20―59歳のビジネスパーソンの平均残業時間調査を2日、まとめた。残業時間が最も多い職種は「ゲーム(制作・開発)」で月間の残業時間は平均45・3時間、2位が「インターネット・広告・メディア」の42・4時間、3位は「建築施工管理」の41・5時間がランクインした。最も少ない職種は「経理事務・財務アシスタント」の11・1時間だった。

回答者はホワイトカラーで、計1万5000人が回答。一般に専門性が高い職種ほど残業が多くなる傾向がみられ、多い順の4位で「ビジネスコンサルタント」、5位に「設備施工管理」、9位に「機械設計・金型設計・光学設計」が、それぞれ入った。 ゲームが1位だった理由は、スマートフォン普及でゲーム人口が増加する半面、オンラインゲームやソーシャルゲームは日々の改修が欠かせない分野のため、スピーディーな対応が求められると分析している。

3位と5位にランクインした施工管理職については、五輪需要で建設ラッシュが各地で起きているにもかかわらず、分野によっては職人が少なく、工事が進まないことを指摘している。納期を守るため、残業が増えるとしている。
http://news.livedoor.com/


残業が少ない業種TOP5を見てみると、1位の「スポーツ/ヘルス関連施設」や2位の「薬局」を始め、店舗を構え消費者に向けてサービスを提供する業種が並ぶ。これらの業種は、営業時間が決まっているため、残業も少ない。ただし、年中無休や土日祝日に営業している店舗も多いことから、年間休日数は比較的少ない傾向にある。

一方、残業が多い業種を見ると、1位の「広告」をはじめ、2位の「新聞」、3位の「EC・ポータルサイト」と、メディア関係の業種が並ぶ。膨大な情報量を、分刻みのスピードで取り扱うメディア業界は、時間を問わず精力的に働いている人が多い。年間休日数は、平均的か平均より多い傾向にあるため、働くときは働き、休む時は休むというメリハリのある働き方をしているともいえる。

残業が少なく、年間休日数が多い業種は「医療機器メーカー」で、残業の少なさは80業種中6位、休日の多さは80業種中4位。「医療機器メーカー」では、直行直帰の営業スタイルが主流のため、就業時間(拘束時間)が短い。逆に、残業が多く、年間休日数が少ない業種は「コンビニエンスストア」で、残業の多さは80業種中4位、休日数は最も少ない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月03日 08:51 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp