韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の設備投資、6カ月連続で減少…通貨危機以来の最長期間

韓国の設備投資、6カ月連続で減少…通貨危機以来の最長期間

設備投資が通貨危機以降、最も長い減少傾向を見せている。消費の増加も止まった。内需の軸となる消費と投資が同時に振るわない状況だ。韓国経済が下降線に入ったという危機信号はさらに明確になっている。

統計庁が2日に発表した「8月の産業活動動向」によると、8月の設備投資は前月比1.4%減少した。3月から6カ月連続のマイナスだ。これは1997年9月-98年6月(10カ月連続マイナス)以来、最も長い。

これまで投資を牽引してきた半導体関連の設備投資が減り、「投資の崖」が表れている。統計庁のオ・ウンソン産業動向課長は「半導体企業の設備投資が今年3、4月ごろから減っている」と説明した。実際、半導体の生産設備など特殊産業用機械を含む機械類投資は8月、前月比3.8%減少した。

8月の全体産業生産は前月比0.5%増加した。7月から2カ月連続で増えた。しかし6、7月に増えた消費は停滞した。8月は休暇シーズンだが、消費を表す小売販売指数の前月比増加率は「ゼロ」だった。 最悪の雇用寒波に内需不振が重なり、景気の方向を示す指標も韓国経済が下降線に入っていることを表している。


現在の景気状態を表す同行指数循環変動値は98.9だった。4月から5カ月連続で下落している。これはグローバル金融危機直後の2009年8月(98.8)以来の最低値。未来の景気の目安となる先行指数循環変動値は99.4だった。前月比0.4ポイントも落ちた。2016年2月以来の最大の下落幅だ。 成長率も徐々に低下すると主要機関は診断している。LG経済研究院は韓国の経済成長率を今年2.8%、来年は2.5%と予想した。現代経済研究院も韓国の成長率予測値を今年2.8%、来年2.6%としている。投資不振が続くという見通しがその根拠だ。http://japanese.joins.com/

朝鮮日報は、計庁が発表した「8月の産業活動動向」によると、設備投資は前月比で1.4%減少し、6カ月連続のマイナスだとし、通貨危機当時の1997年9月から98年6月まで10カ月連続マイナスとなって以来と報じている。自動車など輸送設備への投資は4.6%増だったが、半導体製造装置を意味する特殊産業用機械など機械類は3.8%減とした。

関税庁によると、半導体製造装置の1日当たり輸入額は昨年8月に6010万ドルだったが、今年8月は3210万ドルに半減した。同庁関係者は「昨年末と今年初めに設備投資が伸びたのは、サムスンやSKなど半導体メーカーが生産設備の増設を進めたためだ。しかし、3-4月に増設がほぼ完了し、半導体関連投資が大きく減少した」と説明している。 

基本的に、半導体産業は好調を維持しているはず。従って過剰在庫のツケとみる。韓国のみならず使用する中国にも同じことが言える。これは価格を下げた取引で、大量受注のままで制限が遅れたことによるものだ。これで中国の半導体稼働が始まればさらに過剰となり、輸出は減少するだろう。両国は在庫調整を今年終わりまで実施せざる負えないのでは考えるが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月03日 12:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp