韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  パリに初めて登場した中国GACモーター、「韓国車に学んだがいまは競争者」

パリに初めて登場した中国GACモーター、「韓国車に学んだがいまは競争者」

2日にフランス・パリのポルト・ド・ベルサイユ見本市会場でのプレスデー行事を始まりに幕を上げたパリモーターショー。中国の自動車ブランドで初めてパリモーターショーに出展したGACモーター(広州自動車)のブースが目を引いた。1000平方メートルに達するGACモーターのブースは数百人の人でぎっしり埋まった。GACモーターはこの日新型スポーツ多目的車(SUV)の「GS5」と「GS8」などを世界で初めて公開した。

業界では中国自動車メーカーの欧州市場攻略が始まったという分析が出ている。デビュー戦を経て本格的な販売競争に参入するだろうという観測だ。欧州市場で定着した現代・起亜自動車など韓国の自動車メーカーとの正面対決も避けられない見通しだ。

GACモーターの研究開発担当副社長は記者らと会い、韓国の自動車メーカーと本格的に競争するという意志を示した。彼は「韓国車の強みはデザインと信頼性、合理的な価格」と評価した。自動車関連技術力に対しては「これまで韓国ブランドから学んだが、これから韓国はわれわれの競争者。簡単ではないだろうがより良くなるため努力したい」と話した。GACモーターは昨年中国で50万台を販売した。シェアは約7%だ。

ベトナムの自動車メーカーのビンファストも自社初めてのブランド「LUX」を公開した。セダンの「A2.0」とSUVの「SA2.0」の2モデルだ。
http://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
今年1月、中国の広州汽車集団(GACモーター)は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、2019年に北米市場に参入すると発表している。デトロイトモーターショー2018では、GACモーターは2019年、北米市場に参入すると発表。まずは、同じくデトロイトモーターショー2018でワールドプレミアした新型セダン、『GA4』を北米市場に投入する計画だ。GA4は、GACモーター独自のAクラスセダンプラットフォームをベースに開発された4ドアセダン。ファミリー向けセダンとして設計された。GACモーターのユー・ジュン社長は「米国市場は最も厳しい基準や法律、規則がある。参入は品質、技術、R&D能力にとって試練であり、テストでもある」と語っている。

1990年代以降、中国経済の発展に伴い自動車産業は急速に発展してきた。2009年には自動車生産台数世界一であった日本を抜いた。この背景には国内市場の需要の拡大がある。2009年には中国国内の登録車数は6200万台だったが、2020年までに2億台を超えるとしている。中国には100社以上の自動車メーカーが乱立しており、中国政府は、自動車メーカー乱立による生産性の低さや過剰生産などの問題を克服するために業界再編を進めている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月04日 12:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp