韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  最低賃金上昇で韓国のアルバイト求人が急減

最低賃金上昇で韓国のアルバイト求人が急減

今年1~9月にコンビニエンスストア、ファストフード店などがインターネット上に掲載したアルバイト求人が前年同期に比べ13%減少したことが分かった。公式統計に反映される労働市場だけでなく、若者のアルバイトでも働き口が急減した格好で、政府の最低賃金引き上げによる影響ではないかとの見方が出ている。

本紙がアルバイト求人サイト大手、「アルバ天国」に依頼し、求人データベースを分析した結果、今年1~9月に掲載された求人は850万4462件で、前年同期の972万7912件を122万3450件下回った。求人1件当たりの労働時間も減少。今年4~6月期の週労働時間は16.4時間で、前年同期の22時間よりも5時間以上短くなった。アルバ天国関係者は「求人件数と労働時間が同時に減少しており、求職者は就職難をより実感しているのではないか」と指摘した。

アルバイトの求人減少は、最低賃金が今年から16.4%も引き上げられたことが決定的な要因だったとみられる。アルバイトは通常、最低賃金程度の時給を受け取る。最低賃金が上がれば時給も自動的に上昇するため、自営業者は人件費の圧力を感じることになる。 問題はアルバイトの求人減がますます加速していることだ。前年同期比の求人減は1~3月が39万件(13%)、4~6月が32万件(10%)だったが、7~9月には50万件(16%)に達した。
http://news.livedoor.com/


中央日報は、10~20代の青年が働き始める時に大部分が卸小売業種の臨時職アルバイトから入るが、8月は臨時職雇用18万7000件が減ったとし、最低賃金引き上げにより自営業者がコスト負担を減らすために雇用自体を減らしており、その結果臨時職の青年が犠牲になったと報じている。

しかし、アルバイトを雇わなくても対応している現実はもっと重要だろうと思うが。それが普通ならば、無駄なアルバイト要求だったともいえる。工夫次第でアルバイトは減少する。それは仕事をするうえで、事業主としては重要だろうし、アルバイトをする側にとれば減少とみるだろうし、実際卸小売業と宿泊・飲食業就業者はそれぞれ12万3000人と7万9000人減り、卸小売業は9カ月目、宿泊・飲食店業は15カ月連続で減少が続いている一方で、企業側がそれで成り立つのであれば、別次元の問題となる。高齢化による消費低迷で対応できている側面もあるわけで、しっかり分析してほしいものであるが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月06日 08:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp