韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  “有機ELのシャープ”、まず自社製スマホに搭載し強さアピール

“有機ELのシャープ”、まず自社製スマホに搭載し強さアピール

高精細で軽量が特徴の有機ELパネル。近年、海外メーカーの高級スマートフォンでは搭載が進んできたが、日本メーカーも採用に乗り出した。中でもシャープが3日発表したスマホ「アクオス ゼロ」はパネルも自社製で、「日本初の国産有機EL搭載スマホ」をうたう。液晶に次ぐ主力事業になるか。

「有機ELを安定生産できることの証明でもある」―。シャープが3日、都内で開いた発表会で、中野吉朗通信事業本部長はそう宣言した。年内に新たな旗艦(フラッグシップ)モデルとして、自社開発の有機ELパネルを搭載したスマホ「アクオス ゼロ」を発売する。量産に必要な歩留まりや設備の安定稼働などの達成にめどを付けたと自信を深めるシャープ。「優れたデバイスは外に出していくのが当社の姿勢」(中野本部長)と、有機ELの外販も視野に入る。

液晶より軽い有機ELパネルに置き換えたほか、筐体(きょうたい)素材を軽量化した。比較対象のスマホは200グラムに達するが、シャープは146グラム。さらにパネルも曲面状であり、立体形状に設計できるのも有機ELの特徴だ。 小林繁パーソナル通信事業部長は、「スマホで一番大きい部品のディスプレーは、デザイン性を左右する存在でもある」と話す。液晶だけをスマホに採用し続けてきたシャープも、有機ELの強みを認めつつある。


スマホ用有機ELは、サムスンが独占し続けてきた。かねてより、シャープの戴正呉会長兼社長は、「サムスンと張り合う気はない」と、世界シェアを追求しない方針を示してきた。ただ、姿勢を転換し、親会社である台湾の鴻海精密工業の資本力を借りて増産に踏み切る可能性もある。そうなればシャープにとって有機ELが液晶に次ぐ新たな主力事業となる展望も開ける。
http://news.livedoor.com/

個人的には、液晶パネルであれ、今のスマホはバッテリー持ちを考慮するために、画面の明るさを暗くしたりと、性能を生かしていない使い勝手をしているのではないだろうか…。これでは画面輝度が云々とか解像度が云々とか語っても、最適な明るさでの使用は難しい。むしろ性能が上がっても、こちらの方が問題が大きいのではと思うのだが…。 この部分も最適な状態を仮定したうえでのバッテリー持ち時間を見直して設計・設定してほしいものである。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月07日 08:48 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp