韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  危機の韓国自動車産業、構造調整なしに未来はない

危機の韓国自動車産業、構造調整なしに未来はない

韓国自動車産業が根本からふらついている。社会的に大きな波紋を呼んだGM群山(クンサン)工場閉鎖、内需・輸出不振による自動車・部品生産量の急減、自動車部品会社の赤字累積、堅調だった自動車部品会社の破産、自動車部品会社代表の過労死など多くの問題点が過去2、3年間に出てきている。韓国経済成長の根幹だった自動車産業がこのまま力を失っていくのではという不安を感じる。

韓国で自動車産業は特別だ。製造業生産の13%を占め、付加価値の12%を生み出す。前後の関連産業との結びつきが最も大きい産業であり、鉄鋼・非鉄金属・ガラスなどの素材から運送・整備・広告・金融などのサービス、そして建設業にいたるまで、すべての産業領域に影響を及ぼすという、ありふれたことを言いたいのではない。

自動車産業は韓国人にとってプライドだった。何もなかった時代に韓国最初の自動車、現代「ポニー」が輸出されて米国で走る姿を見て、現地韓国人の胸は熱くなった。我々もできるということを見せた代表的な事例でもあった。その後の数十年間、韓国の自動車産業は幾何級数的に成長し、我々はそれを先進国の兆候と受け止めた。後進国には自動車を作る国がなく、我々のように速いペースで成長した国もなかった。

スポンサードリンク
しかし自動車の輸出と内需が減少し、グローバル市場での競争力も低下しながら、問題点が表れ始めた。自動車産業が急激に成長する間、我々は自動車産業の生態系の健康を確かめたり、競争力を点検したり、未来のために新しい生態系構造を築くべきだと考えることができなかった。考えたとしても実践できなかったというのが事実だ。

韓国の自動車産業生態系は非常に後進的だ。まず、サプライチェーンが垂直的な下請け関係で成り立ち、部品会社の製品・市場競争力がない。自動車企業への依存度はほぼ80%にのぼる。自らデザインする力も、自ら新しい製品を作って市場を開拓する力もない。
http://japanese.joins.com/

企業としては危機ではない。韓国で製造すると製造企業が低迷するだけの話である。だから韓国から出るわけで、規模の小さい部品企業は痛手となる。厳しいのにストばかりで、挙句に仕事中のスマホやサボりで、同じ車種で中国工場と比較し、製造時間が3倍もかかる工場がある。こういう体質が自国低迷を築くわけで、もともと日本人管理者が仕切っていた部分もあるわけで、退職し管理が手薄になるほどに、労働者の我儘は拡大し、仕事をしないで高給取りを体験すると、人間は元に戻れない側面を持つわけで、最悪の製造場所が韓国と言うことになる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月08日 18:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(4)
崩壊しか
 韓国の自動車産業はいずれ崩壊しかない、生産性の低さに較べ賃金の高さ(自動車を組み立てるだけで日本円にして約1、000万円も貰うか?)は企業存続に関わる事項だがそれを理解してる朝鮮人は居ないと思う、崩壊してから悔いても遅いと思う、しかし朝鮮人がそれで良ければ部外者の一日本人が私が言うべき事は無い。
 崩壊する時には呉々も日本に迷惑を掛けないようにしてくれ、そして日本には一切責任は無い!
[ 2018/10/08 21:38 ] [ 編集 ]
商品を見てみろ
ヒュンダイの商品ラインナップを見ないで論じるから
まったく的外れな話になる。
北京現代を見ても、US Hyundaiを見ても、売れそうな
車種が少ない。特にセダン、同じような顔のガソリン車。
市場が縮小(販売台数減少)している米国市場では
きびしいだろう。
[ 2018/10/08 23:35 ] [ 編集 ]
時代の流れを読めずに、現実を直視しない労組。火病に陥り破滅へ向かうのみ。合掌。
[ 2018/10/09 22:20 ] [ 編集 ]
現代 起亜自動車は生き残る
 韓国GM、雙龍、サムソン自動車はなくなるだろうが、現代 起亜自動車は生き残る。
理由は造船業のように、国支援、銀行支援たくさん補助金がはいるから。

 今後、社会主義国の計画経済のようになるから破綻しません。
[ 2018/10/10 06:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp