韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国航空機操縦士の海外流出が深刻…86%が中国行き

韓国航空機操縦士の海外流出が深刻…86%が中国行き

最近5年間、韓国操縦士の海外流出現象が深刻化していることが分かった。 8日、国会国土交通委員会所属のソン・ソクジュン自由韓国党議員に国土交通部が提出した資料によると、2013~2018年外国航空会社に転職した操縦士が393人に達することが明らかになった。

年度別で見ると、2014年24人から2015年92人、2016年100人、昨年145人へと最近3年間6倍以上急増した。

航空会社別には大韓航空が166人(42.2%)で最も多く、▼アシアナ航空81人(20.6%)▼ジンエアー42人(10.7%)▼エアー釜山(プサン)41人(10.4%)▼済州(チェジュ)航空29人(7.4%)▼イスター航空26人(6.6%)▼ティーウェイ航空5人(1.3%)▼エアーソウル2人(0.5%)▼エアー仁川(インチョン)1人(0.3%)の順だった。

転職国家では中国が全体の85.5%(336人)を占めた。これは最近、航空市場が急激に成長した中国が自主的に受給できない航空従事者の需要を周辺国である韓国から受給しているためだ。 健康上の問題で退職する操縦士も増加している。


スポンサードリンク
最近5年間、身体検査で不適合判定を受けて操縦業務に従事できなくなった操縦士は146人となった。2014年34人から2015年29人、2016年20人に減ったが、昨年37人に急増したして今年不適合者判定を受けた操縦士は26人に達する。 不適合の理由では視力の低下による不適合判定が71人(48.6%)で最も多かった。引き続き、循環器系28人(19.2%)、呼吸器系13人(8.9%)、神経精神系14人(9.6%)などが後に続いた。
http://japanese.joins.com/

旅客機操縦士の世界的な不足を受け、中国の航空会社は高報酬で外国人操縦士を獲得している。月額報酬は2万6000ドル(約288万円)に高騰し、しかも免税措置が取られているという。 2017年には全世界の航空旅客輸送のニーズが前年同期比で7.6%増加した。過去10年間の平均増加率は5.5%だった。増加率が最も高いのはアジア・太平洋地区の航空会社で、中国はその中でも特に高い。背景には、中国では国民1人当たりの収入が増えていることがある。これまで以上に旅行に金をかける人が増え、国外に出かける人が増加していることから、航空機利用への需要が急増している。

中国は国内外便の旅客輸送量で2022年には米国を抜き、世界最多になる見通しだ。一方で、少子高齢化の影響により、民間航空機の操縦士も減少傾向にあり、航空会社の操縦士「獲得争い」の激化は加速している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月09日 08:37 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp