韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  Apple Watch「Series 4」は画面サイズが拡大し使い方も変化

Apple Watch「Series 4」は画面サイズが拡大し使い方も変化

Apple Watchは進化を遂げた。Series 4の新しいディスプレイは丸みを帯び、表示面積が30パーセント広くなっている。触覚フィードバック技術を用いたデジタルクラウン、音量の増したスピーカー、高速になったプロセッサー、最新のワイヤレスチップ──。これらすべてが、ひとつのボディに収まっている。

さらに、本モデルは光学式心拍センサーと心電図作成機能を備える。これらの機能すべてを備え、GPSモデル(LTE通信非対応)が399ドル(日本では45,800円)から、セルラーモデル(LTE通信対応)が499ドル(日本では56,800円)から購入できる。ケースサイズはそれぞれ40mmと44mmが用意されている。特筆すべき点は、進化したハードウェアとソフトウェアを連携させた健康管理機能だ。新しいセンサーを搭載したことで、Apple Watchとしては初めて転倒検知と心電図の記録が可能になった。

転倒検知機能を実現するため、アップルは加速度センサーとジャイロスコープを刷新したほか、人が転倒するときの状況を調査し、そのデータを利用した。ユーザーが地面に倒れ込んで1分間動かずにいると、Siriが緊急通報を行ってくれる。アップルは、誤作動を起こそうとして転んだふりをしたりしないようユーザーに呼びかけているが、誘惑には抗えなかった。試しにヨガマットに倒れ込んだり、ベッドで飛び跳ねたり、パワーリフティングのような動きをしてみたりしてApple Watchに警告を出させようとした。それは無駄骨だった。


心電図機能への対応は年末に予定されているため、今回は検証することはできなかった。アップルは同機能の公開に合わせて、健康管理機能を改善すると発表している。Series 4は、心拍数を常時計測してくれる光学式心拍センサーを搭載している。デジタルクラウンと背面のサファイアクリスタルの中に備わっている電極で、心臓の電気的活動を記録することもできる。

心房細動が疑われる不整脈が検出されると、確認のため4度の計測を行って警告を表示する。それを受けてユーザーは即座に心電図をとり、そのデータを医者に持ち込むことができるのだ。心電図アプリはSeries 4でしか利用できないが、年末までにはこれまでのシリーズでも不整脈の警告機能が利用できるようになるという。両機能とも22歳以上の利用について、米食品医薬品局(FDA)から承認を受けている。
http://news.livedoor.com/

心電図機能は慎重にしてほしいと思うが…。循環器系医師や内科専門医でないと心電図を読み取るのは難しいとされる。心拍数を常時計測してくれる光学式心拍センサーを搭載し、不整脈の警告機能が利用できるのはありがたいが…。Series 3でも対応するわけで、そのレベルで十分だと感じるが…。Series 3での心拍数は、一日の心拍数がグラフ化され、トイレや運動時の心拍数上昇後から通常安定するまでの時間もアップルウォッチ画面からグラフで見て解る。むしろ血圧測定精度を上げて、是非測定可能にしてほしいと願うが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月09日 09:17 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp