韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  古い方法にこだわり…トップ航空に続き、旅行会社軒並み廃業

古い方法にこだわり…トップ航空に続き、旅行会社軒並み廃業

「旅行会社に予約する前に、旅行会社が被害補償保険に入っているか必ず確認してください。」韓国消費者院が10日、突然に海外旅行客に対し注意を促した。これは、ここ2~3カ月で中小旅行会社が軒並み廃業し、消費者からの苦情が急増したからだ。一時期、韓国で最も多く航空券を販売したトップ航空をはじめ、eオンヌリ旅行会社、シングルライフなど4社が経営危機に直面し、廃業を宣言した。旅行業界の関係者は「4社の次は何処かと噂が出回るなど、旅行業界全体の雰囲気が荒々しい」と述べた。

海外旅行客3000万人、旅行・予約サービスのオンライン取り引き額が12兆ウォン(約1兆1700億円)に達する中、旅行会社が廃業に追い込まれた理由が何か。韓国文化観光研究院のキム・ヒョンジュ研究委員は「グローバル観光産業がプラットホームビジネスに変わったにもかかわらず、韓国の旅行会社は従来のモデルにこだわったためだ」と分析した。最近廃業した旅行会社は、国内の旅行客を海外に送ることで受け取る手数料が主な収益源だった。

すなわち、航空券やホテルの宿泊を安価で大量に予約した後、消費者に販売したり、該当航空会社やホテルから手数料を受け取る事業方法を維持してきた旅行会社だ。匿名を要求した旅行業界のある関係者は「トップ航空の場合、航空会社からチケットを安価でブロックで購入し、差益を残して消費者に販売したり、または航空会社からチケット販売にともなう手数料を受け取る事業モデルを十数年間維持してきた」と話した。
(中略)


だが、2010年半ばからグローバル旅行産業のトレンドは急激に変わった。ホテルや航空券はもちろん、レンタカー、現地ガイドにアクティビティーサービスまで1カ所にまとめた結合商品を誰がより安く供給するかの競争に変わったのだ。これは航空路線やホテル、レンタカー、アクティビティーなど、海外の各旅行地の情報をより多く集めたプラットホームを構築し、さらに多様な商品を安価で構成する形の競争に旅行産業が変わったとの意味だ。だが、韓国の旅行会社はこのような流れについて行けず、この市場はエクスペディアやプライスライン・ドット・コムのようなグローバルオンライン旅行会社が掌握するようになった。 (略)

だが、狭い内需市場にだけ集中し、人材や投資資金の不足などを理由に、海外市場参入には消極的だったとの評価だ。その結果、日増しに成長しているオンライン旅行市場は、エクスペディアやプライスライン・ドット・コム、日本の楽天、中国のシートリップなどの一人舞台になってしまったのだ。
http://japanese.joins.com/

古い方法にこだわりと言うが、そもそも中国人観光客減少の原因は、観光するところが少ないだけでなく、インフラや清潔に不法投棄ごみなど、見どころの環境が著しく悪いにもかかわらず、宿泊施設だけ増加させて、観光場所の整備を怠ったことにある。中国人観光客が免税店ばかりを頼るという固定概念こそが、そもそも論外である。観光場所をインフラ拡大し、さらなる見どころの追加と宣伝を怠ったツケと言える。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月11日 12:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp