韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  17年ぶり逆転した韓・米の失業率…日本は19カ月連続の完全雇用

17年ぶり逆転した韓・米の失業率…日本は19カ月連続の完全雇用

季節的特性を考慮した「季節調整失業率」で韓国が2カ月連続で米国を上回った。経済協力開発機構(OECD)は季節変数を除去したこの「季節調整失業率」で各国の雇用動向を比較する。 統計庁が12日に発表した雇用動向によると、9月の韓国の失業率は3.6%だった。前年同月比0.3ポイント増えた。季節的特性を考慮した季節調整失業率は4.0%だった。先月(4.2%)に比べると低下したが、過去5カ月間で3回も4%を上回った。失業者数は9カ月連続で100万人を上回った。通貨危機の影響で1999年6月から2000年3月まで10カ月連続で「100万人失業」となったが、それ以来の長い期間だ。

米国の9月の季節調整失業率は3.7%まで下がった。これは1969年以来およそ49年ぶりの最低水準となる。米国の失業率は昨年10月から6カ月連続で4.1%にとどまり、4月に4%を割った。その後は6カ月連続で4%を下回り、9月には半世紀ぶりの最低水準となった。 米労働省は9月に非農業雇用が13万4000人増加したと明らかにした。8月(27万人増加)に比べると大きく減り、市場の期待(18万人)にも達しなかったが、これはカロライナ地域を襲ったハリケーン「フローレンス」の影響という分析だ。予期せぬ変数で雇用増加幅が縮小したものの失業率はさらに減り、米国経済が最大の好況を迎えていた時期に近づいたのは、それだけ景気が良いと解釈できる。


韓国と米国の失業率は今年5月にすでに一度逆転した。2001年3月以来およそ17年ぶりだ。6月と7月は米国が高く、8月と9月は韓国が高かった。 両国の失業率の差は、金融危機直後の2009年10-12月期には最大6.33ポイント(米国が9.93%、韓国が3.6%)まで広がった。しかし最近、米国経済が本格的に回復し、その差が短期間で縮まった。一方、韓国は2015年に造船・自動車など製造業の構造調整を始めたうえ、今年からは急激な最低賃金引き上げの影響で雇用指標が日々悪化している。
http://japanese.joins.com/

現状では日本の失業率は完全雇用とされる3.8%を下回って低下している。統計上は、需要不足を原因とする失業者は存在しない完全雇用の状態にある。実質賃金も前年比増勢を確保している。ところが、過去1年9か月程の日本経済においてはGDPが縮小しているにもかかわらず、就業者が増加するというズレが見られる。この結果、「実質GDP÷就業者数」で算出される労働生産性(≒1人当たりGDP)は大きく低下しており、同期間で1.8%も減少した。つまり「GDPへの貢献が小さい就業者が増えた」という事だ。

「GDPへの貢献が小さい就業者」とはどういうことか。というと、GDPを押し上げるのは「就業者数×一人当たり総労働時間」で算出される労働投入量である。2014年1~3月期から足元(2015年7~9月期)の労働投入量は0.7%増加となっており、就業者の伸びである0.9%を下回っている。これは同期間の一人当たりの総労働時間が0.2%減少したことを意味する。就業者数はコンスタントに増えている一方、労働時間は減少が目立つという事である。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月12日 18:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
めでたいことなの?
記事のライターは、数字が大きいほうがよいと、言いたそうな書きっぷり。
悲壮感のかけらもない。自国の失業率を他人事のように話す。

長々と失業率説明に40行、
原因と対策の教授談話に3行、

もっとも、失業率改善はこの記者の仕事ではない。
[ 2018/10/12 23:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp