韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国軍、迎撃ミサイル「SM3」配備を事実上決定

韓国軍、迎撃ミサイル「SM3」配備を事実上決定

韓国軍当局が、北朝鮮の弾道ミサイル挑発に備えるため、迎撃高度が500キロ前後ある海上発射型迎撃ミサイル「SM3」を導入し、イージス艦に搭載すると決めたことが12日に分かった。

12日、韓国軍の合同参謀本部(合参)庁舎で韓国国会国防委員会による国政監査が開かれ、安圭佰(アン・ギュベク)委員長が「SM3導入を決定したか」と質問した。これに対し合参のキム・ソンホ戦力企画部長(陸軍少将)は「2017年9月の合同参謀会議でSM3級の海上弾道弾迎撃ミサイルの所要決定がなされた」と答弁した。キム部長は「迎撃ミサイルがSM3になるのか、それともほかのミサイルになるのかはまだ決まっていない」とも語ったが、韓国軍の要求性能などを考慮すると、現実的にはSM3ミサイルを配備するしかないとみられている。

イージス艦から発射されるSM3ブロック1は迎撃高度が250-500キロあり、改良型のSM3ブロック2Aの迎撃高度は1500キロにもなる。韓国軍の消息筋は「現実的には、米日が共同開発したSM3ブロック2Aを配備する可能性は低いと思う」と語った。

これまで韓国海軍のイージス艦は、北朝鮮の弾道ミサイルを探知する能力はあるが、迎撃手段はないと指摘されてきた。SM3が配備されれば、KAMD(韓国型ミサイル防衛システム)も、パトリオットPAC3(下層)などと合わせて多層防衛網を構築できる。

スポンサードリンク
一方同じく12日、韓国国防研究院のイ・ホリョン北朝鮮軍事室長は、北朝鮮研究学会の学術会議の発題文にて「不適切な南北の軍備コントロール・削減で目に見える効果を示すため通常軍備を調整することになった場合、北朝鮮の戦術にはまる可能性が高い」と指摘した。イ室長は、実際の発表ではこの部分に言及しなかった。本紙の電話取材に対し、イ室長は「今後の軍事合意の際、こうした部分に気を付けなければならないという趣旨だった」と語った。
http://www.chosunonline.com/

1月31日にハワイで行われたSM-3ブロック2A迎撃ミサイルを用いた実験「FTM-29」が失敗に終わった。米ミサイル防衛局は原因についてまだ把握できていないとした。日米共同開発のSM-3ブロック2Aは3回の迎撃試験で2回の失敗だ。自衛隊は次期新型イージス艦(2021年竣工予定)とイージスアショア(2023年竣工予定)にSM-3ブロック2Aの搭載を予定していますが、もし計画が遅延して実戦配備が間に合わない場合は現行生産型のSM-3ブロック1Bを代替として調達することになる。

欧州MDはイランが将来的に保有する可能性がある射程4000~5000kmの中距離弾道ミサイルを想定しており、SM-3ブロック2Aの能力が前提となっています。ルーマニアのデベセルとポーランドのレジコボの2箇所にイージスショアを配備する計画で、現状では暫定的にSM-3ブロック1Bを配備していますが能力的に不足気味で、フランス西部やスペインはカバー範囲外であり、イージス艦による補助が必要だ。一方、ブロック2Aは生産段階に近づいているとした上で「ICBMの迎撃実験は計画の一部だ」と述べている。実験の実施時期などの詳細は明らかにしなかったが、2020年末までに行われるとの事。


関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月13日 18:40 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp