韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日米の「韓国パッシング」は予想どおりの展開

日米の「韓国パッシング」は予想どおりの展開

韓国紙・朝鮮日報(日本語版)の19日付の報道によれば、米国政府は最近、韓国政府に対して対北朝鮮経済協力事業リストと具体的なタイムテーブルの提示を要求。また、該当の事業者が国連の対北朝鮮制裁に抵触しないことを韓国政府が保証し、1件でも違反があればすべての事業を中止するよう求めていたという。

北朝鮮との対話の進め方を巡っては、このところ米韓の間で不協和音が目立っている。それもそうだろう。トランプ米大統領は「金正恩委員長に恋をした」とまで語っているが、米国のほかの政治家たちは違う。現に上院外交委員会では、北朝鮮の政治犯収容所撤廃を求める決議案が新たに通過しているのだ。また少し前には、朝鮮半島情勢を巡る対話に「日本が乗り遅れている」との指摘があったが、今では韓国側が日米による「韓国パッシング」を心配する状況になっている。

中央日報(日本語版)によれば、18日に行われた駐日大使館関連の国政監査では、日本との情報共有の限界を懸念する声が相次いだ。10月6日にマイク・ポンペオ米国務長官が4回目の訪朝に先立ち河野太郎外相と行った事前協議について、駐日大使館はまったく内容を把握できていなかったというのだ。


たとえば、南北の政府間対話が本格的に始まる直前の1月8日、朝鮮中央通信は「北南関係は、あくまでもわが民族の内部問題として、北と南が主人となって解決すべき」とする論評を発表。「朝鮮半島と地域の支配者として君臨しようとする外部勢力の干渉と専横」を絶対に容認してはならないと強調した。
https://news.yahoo.co.jp/

今年3月には、日本は今の所、この一連の動きから「蚊帳の外」の状態だ。関係諸国が進める対話路線から日本だけが取り残されるのではないかという懸念が政府内外に広がっているとしていた。各国と北朝鮮の間で交わされる合意に日本が望む「朝鮮半島の完全な非核化」「拉致被害者の帰国」が盛り込まれる期待は薄いとも見られていた。だが結局ふたを開ければ、トランプ氏の韓国不振を安倍総理の外交力であおる結果となる。理由は簡単だ。今の日本から見れば、北朝鮮の脅威に変化はない。何も変わっていないという事だ。、

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月20日 08:48 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
やらせてみようか
北朝鮮という独立国の扱い方という問題について、これは、
一種の利権争いの始まりであって、韓国と日米では基本スタンスの違いが
露呈していて、韓国には「日米パッシング」と映る。

韓国の文在寅の現政権は北の社会主義的独裁政権をそのまま継続して、
経済自由化というシナリオを北と共有している。ところが、これは
ずいぶん難しいことでゴールは遠い。その前段で、ああだこうだと、
プレイするのが文在寅。

日米は、しばらくやらせてみるのでしょう。北が新タイプの資本主義的
収奪地域として「使える」場所になるのかどうか。
つまり、投下資本と労働集約システムを保全できるか。市場とみたとき、
売上期待値が見込めるのかどうか。例えば、収益は参入外資と金政権が
折半で、とか相談が出来ることか。
面倒くさいから、金政権を倒してから北にいこうというプランもある。
[ 2018/10/20 11:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp