韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  サムスンが狙った自動車部品メーカー、日本企業が8000億円で買収

サムスンが狙った自動車部品メーカー、日本企業が8000億円で買収

日本の自動車部品メーカー、カルソニックカンセイがフィアット・クライスラーからマネッティ・マレリを62億ユーロ(約8031億円)で買収する。マネッティ・マレリはサムスン電子が一時買収を推進した自動車電子装備メーカーだ。

ブルームバーグは22日、「合併すれば両社の年間売り上げは170億ドル、従業員数は6万5000人に達する。新会社の名称はマネッティ・マレリCKホールディングスになるだろう」と報道した。1919年に設立されたマネッティ・マレリは1967年にフィアットグループに買収された。車両照明、車両用電子製品など自動車用電子装備を製造する。日産自動車系列会社だったカルソニッカンセイは昨年米国系ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に買収された。両社は買収合併を通じ、電気自動車、自動運転車など次世代車両用の部品開発に拍車をかける見通しだ。

日本経済新聞によると、昨年基準マネッティ・マレリの売り上げは1兆800億円で世界の自動車部品メーカーで24位、カルソニッカンセイは1兆円で28位を記録した。両社の売り上げ総額を合わせると世界10位に迫り、売り上げ2兆200億円で11位の仏ヴァレオを上回る。 サムスン電子は2016年に買収した自動車電装メーカーのハーマンとのシナジー効果を出すためにマネッティ・マレリの買収を推進したが、交渉過程で価格など意見差が大きく途中で断念した。
http://japanese.joins.com/


自動車部品大手カルソニックカンセイ(さいたま市)は22日、親会社のCKホールディングスが欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)子会社の伊自動車部品大手マニエッティ・マレリを買収する。買収額は62億ユーロ(約8千億円)。2019年上半期の買収完了をめざすという。2社の17年度の売上高は計152億ユーロ(約2兆円)となり、世界の部品メーカーではトップ10前後になる模様だ。日系部品メーカーとしてはデンソー(5・1兆円)、アイシン精機(3・9兆円)に次ぐ規模となる。

CKホールディングスは、買収後、「マニエッティ・マレリCKホールディングス」に社名を変更する。カルソニックカンセイとマニエッティ・マレリを事業統合して、売上高は152億ユーロ(約2兆円)と、世界7位の独立系自動車部品メーカーが誕生する。統合後の新会社は、規模、財務基盤、製品ライン、事業エリアを相互補完し、世界中の顧客に対してサービスを提供する体制を確立する。また、約200カ所以上の工場や研究開発センターを欧州、日本、米州、アジア太平洋地域に持つことになる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月23日 09:11 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp