韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  新iPad ProはホームボタンなしでFace ID対応、LightningがUSB-Cに

新iPad ProはホームボタンなしでFace ID対応、LightningがUSB-Cに

日本時間の10月30日23時から米ニューヨークにてアップルの新製品発表イベントが開催され、新型「iPad Pro」「MacBook Air」「Mac mini」などが発表された。登場した新製品はおおむね事前のうわさどおりではあるが、結果的には数多くの新製品が登場した格好だ。またアップルは新型iPad Proを発表した。11インチと12.9インチの2モデル。顔認証(Face ID)に対応し、ホームボタンを廃してベゼルレス化を達成している。

アップルが発表した新「iPad Pro」(11インチ / 12.9インチ)は、MacBookなどと同じUSB-C端子を搭載。他のデバイスに給電できるモバイルバッテリー機能も備えるほか、5Kディスプレイへの映像出力にも対応する。またアップルが新iPad Proとともに、新型のApple Pencilも発表しました。噂通り「ペンの側面にタッチ」などのジェスチャー機能をサポートしており、iPadの画面からペン先を離すことなくツールを切り替えが可能だ。 さらにインターフェースがLightningからUSB-Cに変更され、これに合わせてUSB-Cのアクセサリも公式ストアで販売が開始されている。

10月30日のスペシャルイベントでiOS 12.1の配信開始を告知しました。主な新機能はiPhone XS /XS Max /XRでポートレート撮影モードが強化され撮影前にボケ効果のリアルタイムプレビューが可能になる。
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
11インチ(2732×2048ピクセル、264ppi)モデルは、画面サイズを大型化しながら前モデルの10.5インチとほぼ同様の本体サイズを実現した。本体サイズは247.6(幅)×178.5(奥行き)×5.9(高さ)ミリ、重さは468グラム。いずれもiPhone Xと同様のTrueDepthカメラを搭載し、ディスプレイが水平状態のときに顔認証機能「Face ID」が使える。ユーザーの顔の表情を読み取ってキャラクターに反映するアニ文字やミー文字にも対応する。ディスプレイにノッチ(切り欠き)はない。ホームボタンが無くなったことで、指紋認証機能「Touch ID」も廃止した。

プロセッサには8コアCPUと7コアGPUを搭載する、新しい「A12X Bionic」を採用。マルチコア動作時のパフォーマンスは、前モデルのiPad Proが採用していた「A10X Fusion」と比べて90%高速化した。グラフィックス性能は「Xbox One S」クラスのパフォーマンスを発揮するという。また米Appleは10月29日(現地時間)、「iOS 12」の初のメジャーアップデートになる「iOS 12.1」を30日にリリースすると発表した。同日ニューヨークで開催のスペシャルイベント後に実施する。現在すでに配信されている。このアップデートでは、32人まで参加できるグループチャット「Group FaceTime」、クリームチーズ付きベーグルを含む70以上の新しい絵文字、「iPhone XS/XS Max/XR」のデュアルSIMサポートとポートレートモードでのリアルタイム調整機能などが追加される。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月31日 09:27 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp