韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  トヨタ系部品メーカー13社、利益伸び悩みのワケ

トヨタ系部品メーカー13社、利益伸び悩みのワケ

トヨタ自動車系サプライヤーの収益が伸び悩んでいる。主要13社の2018年4―9月期連結決算で、9社が営業減益となった。売上げは伸びているのになぜか-。 

大手部品メーカー7社は全社が増収、アイシン精機を除く6社が営業減益だった。新型車向けなどの部品販売が伸びデンソーやアイシン、豊田自動織機、豊田合成が売上高で過去最高を更新。一方、主に鉄鋼・アルミニウムに対する輸入関税や原油価格上昇などによる原材料費上昇、設備投資、次世代技術への先行投資が利益を圧迫した。

デンソーはグローバルでの車両生産増による販売拡大などでほぼ全地域で売上高を伸ばしたが、生産能力増強など先行投資がかさんだ。研究開発費は車の次世代化を見込み、通期で50億円を積み増し5000億円とした。米中貿易摩擦など通商問題の影響は、通期で「10億―50億円の間くらいになる」(松井靖常務役員)とした。

アイシンは主に自動変速機(AT)やボディー部品の販売が好調で、売上高、営業利益が過去最高を更新した。一方、貿易摩擦の影響で中国での新車販売が減少。19年3月期の通期見通しは全利益段階で下方修正した。ただ伊勢清貴社長は「中国市場の潜在性は高く、これから伸びる。生産能力増強をしかける」と、設備投資計画の変更は否定した。


豊田自動織機は、自動車用部品やフォークリフトなどの販売が増加。ジェイテクトもステアリング(操舵装置)、軸受販売が増えたが、原材料費の値上がりが響いた。トヨタ紡織も生産準備や先行投資などが影響。豊田合成は独占禁止法関連の訴訟費用がかさんだ。 19年3月期の営業利益見通しはデンソー、豊田合成が上方修正。アイシン、愛知製鋼は下方修正した。愛知製鋼は需給バランスの崩れなどから、下期の原材料費が20億円ほど増える見通しを示した。

一方、中堅部品メーカー6社の4―9月期連は2社が増収営業増益だったが、3社が営業減益となった。中国やアジアの販売が好調ながら北米の不振や設備投資の負担増、原材料費高騰などが影響した。 東海理化はアジアでスズキ向けシートベルトなどの販売が好調に推移。売上高と経常利益で同期の過去最高を更新した。ファインシンターは米国でスポーツ多目的車(SUV)用新規部品の販売が伸長。愛三工業は北米の販売減をアジアの堅調がカバーし、前年同期比ほぼ横ばいだった。
http://news.livedoor.com/

日本電産は電装化が進む車載向け需要に大きく舵を切っている。車載用モーターの市場は2030年までに6兆円規模になると見込んでいる。現在の重点市場は「車載」「ロボット」「省エネ家電」「飛行ロボット(ドローン)」の4つで、スマホも通信機器もそこには見当たらない。来期の設備増強の軸になる製品として、EV向けのトラクションモーターやロボット向けの減速装置を挙げている。

京セラも、戦略的に重視する市場は半導体全体で、スマホはあくまでもその一部というスタンス。半導体製造装置向けのセラミック部品は来期の生産量が今期の1.5倍を超えるだろうと予測している。業績がふるわない太陽電池セルや通信機器の生産から転換した工場を有効活用して、車載向け、産業機器向けの活発な需要を取り込もうとしている。

自動車産業の中でも電装と機械部品では、様相が違う。新たな設備投資を実施する企業もあれば、既存部品を加速させる企業もある。ただ全体的に見れば好調に進んでいるわけで、設備投資は先行きの補てんであるから、投資は不可欠。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年11月04日 09:25 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp