韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  アップルが「iPhone 5」のサポートを終了! ただし修理期間は延長

アップルが「iPhone 5」のサポートを終了! ただし修理期間は延長

Appleは31日(現地時間)、同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズのうちの2012年9月21日に発売した「iPhone 5」をアメリカ(米国)におけるビンテージ製品およびその他の国のオブソリート製品に追加したことを案内しています。これにより、サポートを終了され、直営店「Apple Store」や正規サービスプロバイダーにおける正規の修理対象から除外されます。ただし、Appleの情報に詳しいアメリカのWebメディア「9to5 Mac」によれば、iPhone 5が修理期間延長プログラムに追加される予定とのこと。

修理期間延長プログラムに追加された場合にはさらに2年間は修理期間が延長され、部品の在庫がある限りはiPhone 5のCDMA版が2020年10月5日(月)まで、その他のモデルは2020年12月30日(木)まで修理してくれるということです。なお、9to5 Macではさらに「iPhone 4S」も今後、修理期間延長プログラムに追加される予定とのこと。またiPhone以外でもMacBook Proの13インチRetina(Late 2012・Early 2013)やRetina(Mid 2012)、Mac Pro(Mid 2012)も延長され、MacBook Proの15インチ(Mid 2012)も追加予定だとしています。

Appleでは、ビンテージ製品を製造終了から5年以上7年未満の製品、オブソリート製品を製造終了から7年以上が経過した製品とし、どちらに追加されても実質的にサポートを終了し、Apple Storeや正規サービスプロバイダーでは修理を扱わないことになります。iPhone 5は2012年に発売され、当初は「iOS 6」を搭載していましたが、2016年の「iOS 10」まではOSバージョンアップに対応し、2017年の「iOS 11」で2013年に発売された「iPhone 5c」とともにOSバージョンアップが打ち切られました。

スポンサードリンク
すでにOSバージョンアップが打ち切られてからかなり経っているため、セキュリティー的にも心配がありますし、かなり古い機種なので使っている人も減ってきているとは思います。とはいえ、子どもに使わせている場合や家でアラームとして使っているなどのサブ機的に使っている場合など、そろそろ故障してしまうと修理が危うくなってきたというところでしょうか。Androidでは5~6年使うということはなかなか難しいだけにこういった製品サイクルが長いのはAppleの大きな魅力ではあります。
http://news.livedoor.com/

日本では機種変更が加速してきたが、一昨年あたりからSIMフリー版が加速し、スマホの低価格が進み、各プロバイダー企業が、既存機種の評価を実施し、自社SIM交換で低価格化を実現し、通常ネット価格と合わせるサービスが加速した。これにより一気にスマホ維持費が安くなり、大手企業との競争も、顧客の使用方法により分類されつつある。その中でもiPhone比率の高い日本では、かなり長い年月まで修理サービスを実施しているわけで、アップルの強みともいえる。最近では引き取りを加速し、新製品の値引きに貢献するだけでなく、中古製品の部品を変え安く売りだし、無駄の無いセールスに力を入れている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年11月04日 09:45 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp