韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星のQLED8Kテレビ、ドイツ専門誌が過去最高の評価

三星のQLED8Kテレビ、ドイツ専門誌が過去最高の評価

三星(サムスン)電子は5日、今年9月末に発売した同社の量子ドット発光ダイオード(QLED)8Kテレビが、ドイツのオーディオ・ビデオ製品の専門評価誌「Video」によるテレビ部門評価で過去最高の評価を受けたと明らかにした。QLED8Kテレビは、1030点満点で949点を獲得した。既存の最高点は、三星電子の2018年型QLEDテレビにつけられた937点だった。同誌は、「新しいテレビの時代」と題した最近の記事で、「8Kの解像度に三星の技術力が加わり、画質の新時代を切り開いた」とし、「肉眼では、画面上のピクセル一つすら見えないレベルだ」と評した。

QLED8Kテレビは、低解像度の映像を高解像度へと高める「アップスケーリング」の技術が搭載されており、HD、FHD、UHD級解像度の映像を8K級高画質映像で具現できる。テレビを視聴しないときは、背景にパターン、絵などを表示したり、時計、天気予報、最新ニュースなどの情報を提供する「マジックスクリーン」機能も高い評価を受けた。同誌は、デザインの面でも、「目に余る線が全くないように作られた製品だ」と言及した。 QLED8Kテレビは、電源線と周辺機器の線を一つに統合した「マジックケーブル」機能が盛り込まれている。同誌は、QLED8Kテレビにリファレンス、イノベーション、ハイライトの3つの賞を授与した。リファレンスは最高の画質、イノベーションは革新性、ハイライトは注目に値する製品に授与される賞だ。
http://japanese.donga.com/


ローバルテレビ業界の競争構図が「大きさ」から「画質」に変わっている。サムスン電子とLGエレクトロニクスが31日にドイツのベルリンで開幕する欧州最大の家電見本市「IFA2018」で8Kの解像度(7680×4320)のテレビをそれぞれ公開した。現在低解像度映像を8Kコンテンツにアップスケーリングできる高性能プロセッサを備えた会社はサムスンとLG、ソニー程度だ。サムスンのQLED8KテレビはHD水準の低解像度映像を8K水準に高める「8K・AIアップスケーリング」技術を業界で初めて搭載した。サムスン電子はマシンラーニング基盤のアルゴリズムを通じテレビが数百万件の映像をあらかじめ学習して類型別に分析しデータベースを構築するようにした。テレビが自ら明るさ、ブラック、にじみなどを補正する最適なフィルターを探し低画質映像を高画質に変換する。

サムスン電子が、今年に入り米国の超大型・超高画質プレミアムテレビ市場で競合メーカーとの売り上げの差をさらに広げ、事実上独走態勢を築いている。サムスン電子は今年8月までに米テレビ市場でシェア34%を記録し、LG電子(15%)、米ビジオ、ソニー(ともに11%)などを大きく引き離して圧倒的首位に立った。 一方で、17年のプレミアムテレビ市場におけるサムスン電子のシェア率は18.5%で、ソニー(36.9%)、LG電子(33.2%)に続く3位にとどまった。これに対してサムスン電子が、この資料の信頼性について問題提起した。その主張内容は、サムスン電子のQLEDテレビがプレミアム製品であるにもかかわらず、IHSの集計では低価格帯の製品群に含まれていたため、プレミアムテレビ市場でのシェア率が低くなったというものだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年11月06日 09:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp