韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  新型iPad Pro、最上位モデルだけメモリ容量5割増と判明

新型iPad Pro、最上位モデルだけメモリ容量5割増と判明

いよいよ発売になった新型のiPad Pro。容量違いで4種類のモデルがあるうち、最上位の1TBだけが他モデルの1.5倍のメモリを搭載していることが判明し、下位モデルを購入したユーザーから怨嗟の声が上がっている。

iPadシリーズは以前から公式にはメモリ容量を公表しておらず、今回のモデルもベンチマークアプリの結果から推測されたものだが、その結果、判明したのは、1TBモデルのみが6GBものメモリを搭載し、それ以外の64、256、512GBモデルは従来と同じ4GBにとどまっているというもの。

つまりストレージ容量以外に、スペックからは読み取れない明確な違いが存在したということで、価格を優先して64GBや256GBモデルを購入したユーザーはまだしも、それなりの価格でありながら1つ下の512GBモデルを選んだせいで6GBの恩恵を受けられなかったユーザーを中心に、怨嗟の声が上がっているというわけ。

Appleは公式ストアから購入した製品であれば14日以内は返品が可能だが、思いもかけなかったストレージ容量以外のスペック違いに、返品の手続きを取る人も少なからず出現しそうだ。
http://news.livedoor.com/


新製品の前のiPad Proを私は使用してますが、4Gのメモリーを搭載し、メモリー使用状態を監視しても、3Dゲームやらメモリー消費の大きいアプリを起動しても、メモリーは余裕があるので問題はない。その前のiPad Proは2Gですが、これだと余裕は100MBレベルになるので厳しい様です。当面4Gメモリーで問題はないと考えます。

ただ今後のOSを考慮すれば、次第に容量も大きく膨れ上がるでしょうから、IOS12では問題はないが、次期OSではどうなるかですね。もっともそのころまでiPad Proを使い続けているかどうかは疑問ではありますが…。必要なければOSのバージョンアップの実施をしないという手もあります。6GBの恩恵というが、体感的にも感じることは無いでしょう。ましてバッテリーを食うだけでしょうし、ストレージで1TB仕様というのも、動画や大きな画像処理などを実施する人でない限りは不必要では…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年11月08日 09:54 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp