韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  東レが開発する“遮炎素材”の実力

東レが開発する“遮炎素材”の実力

東レは、高い難燃性と長時間炎を遮る「遮炎性」を兼ね備えた生地「ガルフェン」の用途開発を強化している。現在、高い難燃性を要求する航空機のシート内張材への採用を目指して提案中。採用実績を増やし、将来的に同生地の販売を年間20万平方メートル程度に増やしたい考えだ。

ガルフェンは、東レが2015年に開発した。ポリフェニレンサルファイド(PPS)繊維と、ポリアクリロニトリル(PAN)を原料とする耐炎化糸で構成され、用途に応じて厚さ0・06ミリ―2・49ミリメートルの不織布や織物などから選べる。 炎を近づけると、285度C以上でPPS繊維が溶け、耐炎化糸を覆う形で膜化する。膜化により酸素を遮断した状態で耐炎化糸が加熱されると、吸熱しながら炭化し、強固な骨材になる。膜化したPPSも炭化し、炭化膜で炎を遮る。同社の試験では900度Cで加熱し、5分以上炎を遮り続けられた。

航空機以外の用途も開拓する。松下達不織布事業部長は「欧米では業務用家具・寝具に対し、一定の難燃規格があるが、日本には一部カーテンなどに防炎製品があるのみで明確な規格がない」と指摘。 ガルフェンは、欧米などで使われている遮炎素材に比べ、薄くても高い遮炎性能があるため、欧米のオフィスで使用される椅子の内張材などに使い「仕上がりが分厚くならず、軽快感のある椅子にできる」(松下部長)といったデザイン面からも提案し、拡販する考えだ。

スポンサードリンク
まずは明確な難燃基準をもつ欧米で、展示会や同社現地拠点を通じて拡販を目指す。松下部長は航空機やオフィス用家具などへの採用実績や評価を増やし、「日本でも新たな概念として“遮炎”素材を提案したい」と意気込む。
http://news.livedoor.com/

東レは、遮炎機能と断熱機能を備えた繊維素材「GULFENG(ガルフェン)」を材料・機械・技術の展示会である「エヌプラス(N+)」(2017年9月13~15日、東京ビッグサイト)に出展している。この製品は、同社のPPS(ポリフェニレンサルファイド)繊維である「トルコン」と耐炎化糸の複合素材であり、一定時間の遮炎を布地で実現した。本来、炎を遮るためにはガラスや金属といった素材を使用し、素材自体を分厚くすることで炎からの距離をかせぐなどの必要があった。しかし、この製品は繊維素材であり、ペーパーや織物、フェルトなどの形態で提供可能となる。薄い形態のまま高度な遮炎機能を持っている。炎を反対側に通さないため、隣接する可燃物への延焼も防ぐとの事。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年11月25日 09:32 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp