韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  今年の韓国籍放棄者、10月までで3万人突破

今年の韓国籍放棄者、10月までで3万人突破

今年に入り韓国国籍を放棄した人の数が10月までで3万284人と集計された。 国会法制司法委員会所属のチュ・グァンドク議員(自由韓国党)が24日に法務部から提出された資料によると、1月から10月までに韓国籍を喪失した人は2万3791人、国籍を離脱した人は6493人に上った。この数は2016年の第20代国会議員総選挙を控え在外国民選挙支援のために3万4585人の国籍喪失者行政処理を一度に執行したのを除くとこの10年で最も多い。

国籍放棄者は移民など通じ外国籍を取得し自動で韓国籍を喪失する「国籍喪失」と、先天的二重国籍者が法定期間内に外国籍を選択する「国籍離脱」に分かれる。 今年の国籍喪失者は2万3791人で昨年に比べ4427人増加した。2008年から2017年まで10年間の平均2万1132人より2659人増えた。国籍喪失者の増加は韓国人の移民の影響が最も大きいものと推定される。10月現在で帰化により外国籍を取得した韓国人は2万1022人で昨年より3305人、2008~2017年平均より2097人増えた。

国籍離脱の場合、兵役免除を目的とした満18歳未満の韓人2世の男性が大部分を占める。今年国籍離脱が急増したのは兵役の義務が強化された在外同胞法改正案が5月から施行された影響が大きいというのが法務部の分析だ。1~10月の国籍離脱者数6493人が昨年の1905人より3倍以上増加した。2008年~2017年10年間の平均値1002人と比較すると6倍以上増えた。

スポンサードリンク
韓国籍を取得していたが本国に戻る外国人も増加している。韓国籍を取得した後にもとの国籍を放棄しなかったり再び本国に帰化するケースだ。10月現在2256人で昨年の3倍水準だ。
https://japanese.joins.com/

韓国の国籍を放棄した人が今年に入って10月までに3万人を突破し、過去10年で最多になった。過去10年(2008~2017年)の国籍放棄者は年間2万人台で推移していたが、今年は大幅に増加した。国籍放棄者とは、外国への移住などにより外国籍を取得して自動的に韓国国籍を喪失する「国籍の喪失」と、出生時から二重国籍だった人が届出によって外国国籍を選択する「国籍の離脱」の二つのケースに分けられる。今年、国籍放棄者が増加したのは、兵役義務の強化を盛り込んだ在外同胞法が今年5月に施行され、国籍の離脱が急増したためだ。国籍離脱者は、兵役免除を目的とした満18歳未満の在外韓国系2世の男性がほとんどだ。

一方で、海外移住など韓国人が自発的に国籍を放棄するケースも多い。今年1~10月に帰化という形で外国国籍を取得した韓国人は2万1022人で、昨年より3305人増え、2008~2017年の平均(1万8925人)と比べても2097人多い。 とはいえ国籍放棄者も外国国籍取得者も多いのが韓国だ。低成長と就職難、厳しい社会環境に耐え切れないというのが理由の様だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年11月26日 12:28 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
減る朝鮮ですかね・・・
[ 2018/11/26 15:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp