韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ソウルの通信障害、韓国社会の脆弱さを露呈

ソウルの通信障害、韓国社会の脆弱さを露呈

ソウル市西大門区忠正路の通信大手KT支社地下通信溝(通信ケーブル用のトンネル)で24日に火災が発生した。これは高度に情報化・モバイル化された韓国社会がいかに脆弱(ぜいじゃく)かを身をもって示す火災だった。火災は縦横2メートル、全長150メートルの地下空間で発生し、影響で中区、竜山区、西大門区、麻浦区と恩平区、京畿道高陽市の一部地域の都市機能がほぼ失われた。

例えばこれらの地域ではKTが提供する携帯電話と有線電話用IPTVサービスはもちろん、クレジットカードの決済もできなくなった。地下鉄のコインロッカーや駐車場の出入り口など通信と関係する全ての施設もストップし、一部の警察署では緊急通報も受けられなくなった。平日であれば金融サービスの全てがストップし大きな混乱を招いていただろう。過去にも1994年の鍾路5街地下通信溝火災など、同じような事故はこれまで何度か起こっている。そのたびに対策は立てられたはずだが、実際は何も変わっていなかったのだ。

消火にも10時間もの長い時間がかかった。地下通信溝で火災が発生した場合、文字通り手をこまねいて見ているしかないのが実情だったのだ。地下という特性上、通信溝内部については炎を遮断する防火壁や煙を外に出すダクト設置の必要性は常に指摘されてきたが、韓国国内の通信溝の多くで今なおこのような対策は施されていないのが現状だ。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
数多くの電話線や光ケーブルなどが複雑に絡み合っている通信溝は、文字通り韓国社会の神経であり生命線と報じている。今後地下通信溝のテロ対策にはもっと真剣に取り組まねばならないだろうと締めくくっているが、社説である。同じような事故はこれまで何度か起こっている。そのたびに対策は立てられたはずだが…と言う記事になっている。

過去を調査し、対策する部署や人物或いは組織において、何が不備なのかを明確にしない韓国メディアも珍しい。自国政府も問題を放置するが、自国メディアも記事内容の追及も社説にはない。 過去を振り返ると、同じ記事を言葉を変えて掲載している事が多々ある。汗をかかずに過去の記事を見つけては、新しい記事の様に掲載する。 これではメディア本来の姿とは言い難い。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年11月26日 12:40 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp